メイク直しが必要と分かっていても、「どうせマスクで隠れるからまあいいか」と後回しにしていませんか? でも、崩れたメイクは肌にも悪影響。忙しいママでもできる、メイク崩れを防ぐためのコツを、コスメコンシェルジュの小西さやかさんに教えてもらいました。

メイク崩れは美肌のためにも防ぐべき

 皆さん、こんにちは。コスメコンシェルジュの小西さやかです。

 残暑が続くこの季節。汗をかいたり拭いたりして、メイクが崩れやすい時期ですよね。今年はマスクを着けているため、汗やこすれで特にメイクが落ちやすくなっているでしょう。一方で、顔の半分は隠れているので、「こまめに直さなくてもいいや」と思っている人もいるかもしれませんが、メイクが崩れ、皮脂汚れが溜まった状態だと、肌荒れや老化を加速させることもあります。今回は、暑い時期の「メイク崩れ」解決のヒントを紹介します。

 そもそも、なぜ、メイク崩れを防ぐ必要があるのでしょうか。

暑さとマスクでメイクが崩れる…お悩みの解決策は次のページから。画像はイメージ
暑さとマスクでメイクが崩れる…お悩みの解決策は次のページから。画像はイメージ

 実は「お化粧がヨレて、見苦しい」といった見た目の問題ではなく、肌を健やかに保つために必要なものなんです。まず、汗をかいてファンデーションや化粧下地が崩れると、UVカット効果が減ってしまいます。そうすると日焼けによってシミやシワができやすくなります(光老化)。

 また、浮き出した余分な皮脂を拭き取らず肌に残したままにすると、酸化して毛穴の開きやニキビが悪化する場合があります。今年はマスクを着けたままなので、湿気によって雑菌が繁殖しやすく、「口周りにニキビができやすくなった」という人もいます。メイク崩れを防ぎ、肌を清潔に保っておくようにしましょう。

 理想は、こまめにメイク直しをしたり、脂取り紙などで肌の汚れや皮脂を吸着したりすることですが(具体的な方法は4ページ目で詳しく紹介)、忙しくて時間が取れない日もありますよね。でも大丈夫、忙しいママでも手軽にトライできる解決策があります。今回は、以下の3つの悩みに対して、解決のヒントを紹介していきます。

悩み【1】暑さとマスクでメイクが崩れる、どうすれば?
悩み【2】メイクがマスクに付いてしまうのを防ぎたい
悩み【3】メイク直しの時間がない!手軽に直すためのテクは?

次ページから読める内容

  • 「崩れないメイク」のコツはファンデーション選びから
  • 崩れたメイクがマスクに付かないようにするには?
  • 綿棒いらず! ティッシュ1枚でできる簡単メイク直し

続きは、日経DUAL登録会員
もしくは有料会員の方がご覧いただけます

会員限定記事(2550本)が読める
ログインはこちら
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。
もっと見る