日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. コロナ休校中の4月授業 私立中学の対応を調査

コロナ休校中の4月授業 私立中学の対応を調査

27校の対応は?/新中1生 大事なのは中学受験で身に付いた学習習慣を崩さないこと


新型コロナウイルスの影響で、私立の中高一貫校も休校になりました。入学式や4月の授業はどうなっているのでしょうか。首都圏の27校の保護者にアンケートを取りました。また、休校中の新中学1年生に向けて、中学受験専門の個別指導塾SS-1副代表の馬屋原吉博さんにアドバイスしてもらいました。

憧れの制服を着て入学式で写真を撮るはずが…

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、首都圏の大手進学塾も対面での授業ができなくなり、中学受験を目指す家庭に影響が出ています。

 2020年度入試が行われた2月は、まだ国内の感染者数も少なく、入試にはそれほど大きな影響はありませんでした。「ようやく長い受験生活が終わって、さあこれから、というときにこんなことになってしまって…。憧れの制服を着た娘と一緒に、入学式に校門の前で記念写真を撮るのが夢でした。だけど、オンライン入学式になってしまいました」。そう話すのは、子どもが都内の私立中学に進学が決まった保護者です。

 入学式や4月の授業など、今回の対応ではそれぞれの学校の校風が表れており、受験校選びの参考になるかもしれません。DUAL編集部では、中学受験を終え4月から私立中高一貫校へ進学する家庭にアンケート調査を行いました。次のページから、私立中高一貫27校の入学式や休校中の対応を紹介します(4月24日時点の情報)。

次ページから読める内容

  • 入学式や授業をオンラインで進める学校も
  • 家庭学習はリポートが中心
  • 新中1は今のうちに英語と算数の学習を

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
受験セミナー

馬屋原吉博
馬屋原吉博

SS-1 副代表

中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1で副代表として社会と国語を担当し、筑駒・開成・桜蔭をはじめとする難関中学に多くの生徒を送り出している。必死で覚えた膨大な知識で混乱している生徒の頭の中を整理し、テストで使える状態にする指導方法が好評。バラバラだった知識と知識がつながりを持ち始め、みるみる立体的になっていく授業は、生徒はもちろん参加している保護者にも人気がある。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。『カリスマ先生が教えるおもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史』(アスコム)など著書多数。『今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る』(かんき出版)は版を重ねている。

…続きを読む

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む