3月の一斉休校を振り返って、小学生の過ごし方の工夫を聞く本シリーズ。今回は3月の休校中、学童に通った旧1年生(現2年生)の親2人に当時を振り返ってもらい、どんな工夫をしたかを聞きました。親もイレギュラーな状況で仕事をする中、子どもの学習や運動、昼食などはどのように乗り切ったのでしょうか。多くの学校ではゴールデンウイーク明けまで休校が延長されることになります。マンガで紹介する学習のさせ方や食事作りの上手な手抜き法は、これからの休校中、おうちで過ごす親子にも役立つはず。新1年生のママ・パパもぜひ、参考にしてください。

複数用意したドリル。進んでやったのはどれ?

 Hさんの夫は会社のシステムを担当。会社が急きょ全面テレワークに移行することになり、その対応で2月末~3月は非常に多忙になりました。そのため、休校と妻のワンオペが重なるという危機もあったそうです。そこでHさんは負担の大きい学童弁当で外部の手を借りることにします。

次ページから読める内容

  • 学童弁当は、家事代行サービスで解決!
  • 弁当づくり、帰宅後の音読などでコミュニケーション

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る