ICTツールの進化などで、リモートワークできる環境が整うにつれ、地方移住や2拠点居住といった新しい暮らし方、働き方が広がっています。「地方移住って実際どうなの?」「どんな暮らしが待っているの?」「デメリットはないの?」と知りたいことはたくさん。そこで、2018年に東京から福岡県糸島市に家族5人で移住した、元住宅雑誌編集者の豊田里美さんが、当事者だからこそ言える「地方移住のリアル」を編集者目線でリポート。第5回は、地方移住に伴うお金事情についてお伝えします。

収入面の違いは?

 「東京から福岡に移住した場合、一般に収入は3割減、支出は半減と言われています」。私たちが移住を思い立ち、最初に相談に行った際、「ふるさと回帰支援センター」の方にそう言われました。

 わが家の場合はどうだったのか。結論から書くと、移住前後で収入・支出ともに大きくは変わっていません。支出は若干減りましたが、半分には届かず1割減程度です。けれどもそれはあくまで数字上の話で、働き方やライフスタイルは大きく変わりました

夏休みにキャンプへ。初の連泊にチャレンジ
夏休みにキャンプへ。初の連泊にチャレンジ

 厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(2019年)によると、東京の1カ月分の賃金が約41万円(全年齢の平均額、以下同)であるのに対し福岡県は約32万円と2割以上低い水準です。「ふるさと回帰支援センター」で話に出た「収入3割減」もあり得る話だと思います。ただしこれはあくまでも「移住先の企業に転職した場合」の話です。例えば東京の仕事をリモートワークで続けていければ、収入は変わらず生活費は下がり、暮らしに余裕を生み出すことも可能でしょう。

 私たち夫婦の場合は、移住を機にフリーランスになりました。夫はコンサルタント、私は主に編集・ライターで、それぞれ東京の会社と仕事することも多く、世帯収入は移住前の会社員時代からあまり変わりません。仕事がなくなるなど、フリーランスならではのリスクがある一方、時間の融通がきくようになり、育児・家事に費やす時間を確保できるように。日帰りや一泊旅行も増え、夫とふたり、平日にちょっとぜいたくなランチに出かけるなど、楽しみも増えました。

次ページから読める内容

  • 水道代は移住前の2倍! 想定外だった支出も
  • 支出の額以上に、生活の質は向上

続きは、日経DUAL登録会員
もしくは有料会員の方がご覧いただけます

会員限定記事(2553本)が読める
ログインはこちら
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。
もっと見る