4回にわたって、離婚の「基本のき」を弁護士の話とともにお届けしてきた「離婚大全」。最後は原点に立ち返り、「離婚」という選択そのものを見つめ直すことについて考えます。夫婦生活が破綻し、関係修復も見込めないと判断したときに人は「離婚」という重い決断と向き合うわけですが、一歩引いて冷静に考えれば、別居も選択肢に入ってくるのではないでしょうか。離婚と別居の金銭的なメリットを比較するとともに、別居とも違う、子どもにとっても安心できる「新しい家族の形」の可能性についても紹介します。

【離婚大全 特集】
第1回 もう無理…まずは離婚のプロセスを知ろう
第2回 弁護士に聞いた、離婚でもめるポイントと「対策」
第3回 知っておきたい 親権と養育費の実態
第4回 本当に離婚がベスト? 別居との比較 ←今回はココ

 「離婚より別居のほうが不利になることは、法律的にはありません。逆に別居のメリットは、率直に言って金銭面の話に尽きると思います」。小杉俊介弁護士は、別居という選択肢について明快に説明します。

 弁護士が離婚の相談を受けるとき、よほどの理由がない限り、「別居でもいいのではないか」と勧めることはごく当たり前にあるといいます。特に金銭的なメリットというのは、子どもがいる場合には比較検討に値する大きなポイントといえるでしょう。

離婚時の養育費より、別居時の婚姻費用の方が高い

 第2回の記事で、離婚へのステップとして「まずは別居」をスタートさせることが一つの手段だと紹介しましたが、妻(夫)が子どもを連れて家を出た場合、相手方に婚姻費用を請求することができます。

 婚姻費用とは、夫婦が共同生活を送るために必要な費用のこと。生活費をはじめ、交際費や子どもの教育費なども含まれます。別居中も、婚姻生活を維持するために必要な額を受け取ることができるのです。

 婚姻費用にも養育費同様、家庭裁判所が示す算定表に基づく相場があります。第3回の記事で一例として挙げた条件と同様に、0~14歳の子どもが1人いる会社員夫婦で、婚姻費用を払う側(義務者)の年収が700万円、受け取る側(権利者)の年収が600万円の場合で見てみましょう。

 養育費の相場が月額4万~6万円なのに対し、婚姻費用は6万~8万円。同様の年収の想定で0~14歳の子どもが2人の場合、養育費が月額6万~8万円に対し、婚姻費用は8万~10万円となります。2万円程度の差なら「離婚して新たなスタートを切ったほうがいい」と考える人もいるそうですが、逆に言えば「別々に暮らし、月々の費用を受け取る」という生活実態は別居も離婚も変わらないのだから、多くもらえるに越したことはないと割り切る考えも十分あるわけです。

 「昔ながらのパターンが、夫が愛人を作り、愛人と一緒になりたいと妻に離婚を求める。でも妻は、夫が十年以上家に帰ってこない場合でも離婚には応じません。婚姻費用が払われ続けるからです。高収入の人であれば婚姻費用もけっこう高額になるので、現実的な選択として別居を続けるケースもたくさんあります」と小杉弁護士。ちなみに養育費の支払い義務は子が自立するまでなので長くても20年程度ですが、婚姻費用は離婚が成立するまで受け取ることができます。

<次のページからの内容>
・養育費を受け取っている離婚家庭は2割以下
・働かない夫を「主夫」「ベビーシッター」と発想転換
・「今」と「離婚後」の金銭的なメリットを比較
・夫婦を卒業し、「シェアハウスの隣人」になる
・固定観念にとらわれず、「今より幸せな道」を

次ページから読める内容

  • 養育費を受け取っている離婚家庭は2割以下
  • 働かない夫を「主夫」「ベビーシッター」と発想転換
  • 夫婦を卒業し、「シェアハウスの隣人」になる

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。