子連れグアム歴10回以上!“グアムの達人”の異名を持つ編集者ママの中田ぷうさんが提案するグアムの楽しみ方をお送りしていますが、2回目は“生の英語に触れる編”。中田さんは食と買い物のためだけではなく、上の子ども(14歳)の英語教育のためにもグアムに通っているそう。グアムで英語教育?とピンとこない人に向けて、一体グアムで英語の何を学べるのかを教えてもらいました。

【お土産編】グアムの達人ママが現地スーパーで買う人気土産8選

そもそも習い事はさせない主義

日経DUAL編集部 中田さん、お子さんたちに習い事をほとんどさせないんですよね?

中田ぷうさん(以下、敬称略) はい、これには一応、きちんとした理由があって……。私の母は教育熱心な人で、私自身が子どものころは絵画にフルート、英語に水泳、ついでにピアノ、と習い事漬けだったんです。でも、今40歳を過ぎてみて、何一つ身に付いていない(笑)。ピアノなんてもはや『ねこふんじゃった』すら弾けません。まさに月謝をどぶに捨てたようなものなんですよ。無駄な投資以外の何ものでもなかったんです。

 今の仕事(編集者)に就いてから、多くの教育のプロたちを取材してきました。そのプロたちが口をそろえて言うのは「子どもの習い事など無意味。習うのであれば本人の意思が出てきてから、本人がどうしても習いたい!というものだけを習わせなさい。そうすれば必ず力は伸びますよ」ということ。そんな話を聞いてきたので、自分の子どもには親である私や夫が勧める習い事はさせないと決めていたんです。要するに「好きこそものの上手なれ」ってことだと思うんですね。

―― とはいえ、今は3歳くらいから色々な習い事を始めますよね。気持ちがグラついたりはしませんでしたか?

中田 グラつくことはなかったですね(笑)。おっしゃるように3歳くらいから周りはみんな習い事デビューをし、うちの子も「あれ、習いたい」「これ、習いたい」と言っていた時期もありました。でも3歳児の希望など“瞬間”で終わることが多く、様子を見て、あまりにいつまでも言うようであれば教室を見学してみる。それで習いたいのであれば、習わせていました。でも私から「この教室行ってみない?」「あれ習ってみようか」という提案は一切しませんでしたね。

―― その後もお子さんたちは自分から習いたいと言うこともなく?

中田 上の子は5年生の終わりくらいに「英語が習いたい」と言ってきました。ただ、彼女の“本気度”がどのくらいかが分からなかったので、いきなり英語教室に通うのではなく、とりあえず「ラジオの英会話講座を受けてみたら? それが続くようであればきちんと教室に通えばいいじゃない?」と提案しました。

次ページから読める内容

  • グアムは英語初心者にとって最適な場所
  • 次回訪問の目標も決定

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。