2020年9月17日発行

STEM教育が世界的に推進

 2020年4月より小学校でも必修科目となった「プログラミング」。データ社会で必要な論理的・創造的思考を子どもが身に付けることなどを目的に導入されましたが、これは世界的に推進されている「STEM教育」の流れをくんだものです。

 STEM教育の「STEM」とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)をそれぞれ意味し、子どもの自発的な学習力の向上も目的としています。今回は、そんなSTEM教育の普及に努めるNPO法人「CANVAS」代表の石戸奈々子さんに、おすすめの「STEM玩具」とその魅力についてお話を伺いました。

遊びながら、論理的思考や理解力が身に付く
遊びながら、論理的思考や理解力が身に付く

<目次>

■STEM玩具で遊ぶ意味とは?

 ●「情報化社会」を生き抜く力を身に付ける
 ●「遊び」と「学び」は本来一体のもの
 ● STEM玩具選びのポイントは「拡張性」と「自分で作る要素」

■「CANVAS」代表・石戸奈々子さんセレクトの「STEM玩具10選」

 ご紹介するSTEM玩具は、対象とする子どもの年齢を【幼児】【小学生】で表しています(※)。

※「CANVAS」代表石戸奈々子さんがおすすめする年齢。商品の対象年齢とは異なる場合があります

次ページから読める内容

  • 「情報化社会」を生き抜く力を身に付ける
  • 「遊び」と「学び」は本来一体のもの
  • STEM玩具選びのポイントは「拡張性」と「自分で作る要素」
  • 「CANVAS」代表・石戸奈々子さんセレクトの「STEM玩具10選」
  • DNAを取り出して観察
  • LEDやさまざまなセンサーを搭載したマイコンボード
  • ペン先一つで電子回路を作れる
  • スマホでどこでも理科観察
  • 迷路を組み立てて空間把握能力を鍛える
  • 身の回りのものが楽器になる
  • 段ボールでオリジナルのロボットを作ろう
  • 紙の工作が動き出す
  • パーツを組み立ててオリジナルの玩具を作ろう
  • プログラミングの基礎を幼児から学べる

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2085本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る