┃DUAL親子の遊び&学びサポート┃ 2021年2月18日発行

 多様性を尊重する「ダイバーシティ」は、働き方改革の大きな柱であり、教育の現場でも重視されています。「ジェンダー」「いろいろな家族のかたち」「多様性・多文化」「人権」といったテーマを扱う絵本を親子で読むことで、ダイバーシティを身近に感じる機会を増やすことができそうです。

 今回、お話をうかがったのは、ピンクという色にまつわる思い込みが「女らしさ」「男らしさ」にもたらした功罪を分析した『女の子は本当にピンクが好きなのか』(河出文庫)などの著者である、堀越英美さん。プログラミングで人生を切り開く二人の女子高生を描いた『ガール・コード』(ソフィー・ハウザー、アンドレア・ゴンザレス/ele-king books)や『世界と科学を変えた52人の女性たち』(レイチェル・スワビー/青土社)などの翻訳も手がける堀越さんに、絵本の中でモヤモヤする表現に出合ったときの対処法や、ダイバーシティをテーマにした絵本の選び方などを教えてもらいました。記事後半では、堀越さんお薦めの「ダイバーシティ絵本」を10冊、紹介します。

<目次>

「多様性」描く絵本10選 親子で楽しみながら学ぶ

 ●絵本の中でモヤモヤする表現に出合ったら、どうする?
 ●子どもが好きなジャンルの中から本を選ぶ
 ●ジェンダーにまつわる刷り込みから自由になるために
 ●現代の価値観が反映された絵本の魅力
 ●ライター・翻訳家の堀越英美さんがセレクトする「ダイバーシティ絵本」10選

次ページから読める内容

  • 絵本の中でモヤモヤする表現に出合ったら、どうする?
  • 子どもが好きなジャンルの中から本を選ぶ
  • ジェンダーにまつわる刷り込みから自由になるために
  • 現代の価値観が反映された新しい絵本の魅力
  • 未就学児から楽しめる 「いろいろな世界」に出合える絵本
  • それぞれの生き方があることが分かる
  • ドタバタだけどいとおしい共働き家庭をリアルに
  • パパの送り迎えが楽しみになる
  • 大切なのは違いを理解し合うこと
  • 「パパがふたり」の家族のかたちを描く
  • 悩みのある小学生の支えに 抑圧から解き放たれる絵本
  • 女の子らしくなくても大丈夫!
  • 「みんなと同じ」でなくていい
  • うまくいかないとき、どう考える?
  • 何が「当たり前」なのかは国によって違う
  • 分かり合えなくたってかまわない

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
日経xwoman申し込み
もっと見る