日本のお盆のように、メキシコにも先祖に感謝し、先祖をお迎えする「死者の日」という行事があります。ディズニー/ピクサーの新作アニメーション映画で、アカデミー賞2部門受賞に輝いた『リメンバー・ミー』は、メキシコが舞台。その文化を背景に、主人公のミゲルが迷い込む“死者の国”での冒険を美しくカラフルに描き、家族の絆の大切さを思い出させてくれるファンタジー・アドベンチャーです。来日したエイドリアン・モリーナ共同監督にインタビューし、映画に込められたメッセージや、家族の絆の大切さについて語っていただきました。

エイドリアン・モリーナ
(共同監督)
エイドリアン・モリーナ 米カリフォルニア州出身。カリフォルニア芸術大学でキャラクター・アニメーションを学び、美術学士号を取得。2006年夏からピクサー・アニメーション・スタジオのストーリー部門でインターンをし、同年秋から正規社員として勤務。アニメーターやストーリーボード・アーティストとして『レミーのおいしいレストラン』『トイ・ストーリー3』に貢献。『モンスターズ・ユニバーシティ』ではストーリー・アーティストを担当。『アーロと少年』では脚本部門に携わる。『リメンバー・ミー』では共同監督の他、作曲も担った。

祖父母と暮らした思い出を物語に反映させた

清水(以降、――):『リメンバー・ミー』、大変素晴らしい作品で、感動してたくさん泣きました。監督のご家族はメキシコ系だそうで、この映画への思い入れも深かったのではないかと思います。映画を作るにあたって、監督はどのようなアイデアを出しましたか?

エイドリアン・モリーナ(以降、モリーナ):そうですね、この映画には私の経験を反映しています。私は祖父母・父母・きょうだいという多世代の大家族の中で育ったのですが、そういう環境で育つとユニークな視点が得られるんです。私自身、年を取るにつれて、家族の関係性が変わってきたと感じています。どのようにお互いを思いやればいいか分かってくるんですね。映画のミゲルも曾祖母・祖母・両親・兄弟姉妹と暮らしています。多世代家族について描くのは、これまでのディズニー/ピクサー映画にはあまりなかったですが、本作のテーマとしてとても大切だと思いました。

――この映画をぜひ家族そろって見てほしいと思うのですが、見終わった後、親子でどんな会話をしてほしいと思いますか?

モリーナ:家族の中で一番年下の子が、一番年上のおじいちゃん・おばあちゃんに「お話を聞かせて」と言ってくれたらいいなと思います。例えば、祖父母の出会いについて聞いてほしいですね。忙しい毎日だと、座ってゆっくりそういう話を聞くことってあまりないですよね。この映画をきっかけに、祖先について興味を持ってほしいです。

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。