教育社会学者の舞田先生が統計データを使って、子育てや教育にまつわる「DUALな疑問」に答える本連載。第57回のテーマは情報機器の所持についてです。デジタルネイティブと呼ばれ、幼いころからスマホやタブレットに慣れ親しんでいる日本の子どもたち。就学後もさぞや、デジタル機器を使いこなし、世界のIT界のトップを走る人材に育っていくのでは、と思いますね。ところが驚きの現状を舞田先生がデータで示してくれました。我々親は子どものデジタル教育にどう取り組むべきなのでしょうか。この機会に考えてみませんか?

スマホ、パソコン所持率が段違いに低い日本の中学生

 こんにちは。教育社会学者の舞田敏彦です。新年度になり1カ月が経ちましたが、お子さんの生活がかなり変わった家庭も多いかと思います。上の学校に上がった新1年生はとくにそうでしょう。

 唐突ですが、スマホって何歳くらいで買い与えるのでしょうか。2015年度の調査によると、スマホの利用率(≒所持率)が半分を超えるのは、男子は15歳、女子は13歳です(内閣府『青少年のインターネット利用環境実態調査』)。男子は高校、女子は中学校に入った時に買い与える親御さんが多いようですね。女子の場合、「グループでLINEをやる、スマホがないと仲間外れにされる」などと言って、おねだりする年齢が早いのでしょう。

 しかるに、海外ではスマホデビューはもっと早いようです。やや古いですが、2013年の内閣府の国際調査では、各国の青少年に情報機器の所持状況を尋ねています。表1は、13~15歳のうち、自分専用のスマホ・パソコンを持っている子の割合を掲げたものです。中学生の所持率の国際比較と見てよいでしょう。

 日本と他の6カ国の間に段差がみられます。日本のスマホ所持率45.7%、パソコン所持率30.3%は、他国に比して段違いに低くなっています。韓国や欧米では、中学生にして双方とも8~9割です。

 表の3つの数値から、スマホもパソコンも持たない子の割合を計算すると、日本は41.3%にもなります。中学生の4割が自分のスマホもパソコンも持っていないと。他国では、こういう子はごくわずかです

次ページから読める内容

  • パソコンスキルは45カ国中最下位。原因は親の警戒心?
  • まだプリント!? 日本の学校は情報化社会の孤島
  • 発信力こそ勝ち組に必要 今すぐ訓練を始めよう

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。