『こころ』のもう一つの楽しみ方

 『こころ』の登場人物たちはよく散歩をする。歩きながら、思考を深める描写が多い。そこで、『こころ』を巡る小さな旅に出た。

 まずは、“先生”が小石川に家を探しに行く場面。砲兵工廠(現在の文京区役所、東京ドームの辺り)の塀を左手に伝通院のほうへ坂を上がっていく先生。同じように富坂を上がっていく途中を北に向かって通りを入り、路地を抜けたり、横丁を曲がったり、先生のように迷いながら歩いてみた。すると、突然大木が目の前に現れた。善光寺坂のムクノキという文京区の天然記念物。『こころ』には出てこないけれど、きっと漱石もこの大木は見上げたはず。先生の下宿はこの辺りだろうと自分の中で勝手に定めた。

善光寺坂のムクノキ。先生の下宿先を探す小さな旅で見つけた小石川の巨木。舞台になった現地を訪ねたり、地図で想像を膨らませたりするのも小説の楽しみの一つ
善光寺坂のムクノキ。先生の下宿先を探す小さな旅で見つけた小石川の巨木。舞台になった現地を訪ねたり、地図で想像を膨らませたりするのも小説の楽しみの一つ

 次に、主人公が“お嬢さん”をくださいと申し出て、奥さんから良い返事をもらった後、複雑な気持ちを落ち着かせるために出た散歩コースだ。水道橋、猿楽町、神保町、小川町、万世橋、神田明神、本郷台、菊坂と今も同じ地名が残る場所。小説にはいびつな円を描くと書かれているのも興味深い。上り下りのある約6キロメートルのコース、ゆっくり歩けば1時間半ほどだろうか。今も趣があるのは本郷台から菊坂を下る辺り、樋口一葉や坪内逍遥の旧居跡などもある。

 建物は消えても、地形は変わらない。その場所に立ち、想像力で過去にダイブすれば、傍を物想いに耽りながら行き過ぎる“先生”にも会えることだろう。

新宿区立漱石山房記念館。漱石の晩年の住居跡に昨年開館したばかり。『こころ』もここで書かれた
新宿区立漱石山房記念館。漱石の晩年の住居跡に昨年開館したばかり。『こころ』もここで書かれた
雑司ケ谷霊園の夏目漱石の墓所。Kの墓があったとされるのもこの霊園
雑司ケ谷霊園の夏目漱石の墓所。Kの墓があったとされるのもこの霊園