日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 中学受験にも生きる! 冬のお出かけ学習【理科編】

中学受験にも生きる! 冬のお出かけ学習【理科編】

理科は身の回りの現象を知る教科。特別遠出をしなくても、身近な場所で様々な発見ができる


中学受験では、国語と算数に比べて、つい後回しになりがちな理科と社会。直前期に暗記をすればなんとかなると思っている家庭は少なくありませんが、それではこの2つの教科の面白さに気づくことはできません。

理科や社会の面白さは、私たちの生活と直接関わりがある点。特に小学生の理科は身の回りのことについて学ぶので、実体験と勉強で得た知識が一致することが多くあります。子どもは自分の体験で得た知識はそう簡単には忘れません。特に大好きな家族と過ごした時間は、記憶として深く刻まれます。

そこで、今回は「冬のお出かけ」を通じて得られる学びを社会編と理科編の2回にわたって紹介します。前回の社会編(「中学受験にも生きる! 冬のお出かけ学習【社会編】」)に続き、今回は理科編です。ナビゲーターは、中学受験情報局主任相談員で、理科を担当している辻義夫先生です。冬休みのお出かけシーンで、ぜひ取り入れてみてくださいね。

(日経DUAL特選シリーズ/2017年12月収録記事を再掲載します。)

冬の星座、日の出・日の入りの時刻、天気の変化……、空を見上げる習慣を

辻義夫先生
辻義夫先生

 12月13日、新聞やテレビのニュースでも話題になった「ふたご座流星群」。親子で見た人もいるのではないでしょうか。流れ星を肉眼で見られるのは、貴重な体験。そのときのお子さんの反応はいかがでしたか?

 「冬は空気が澄んでいるので、星がきれいに見えます。星の観察をするなら、冬の季節が断然おすすめです」

 そう話すのは、中学受験専門の個別指導教室SS-1で長年理科を教え、現在は中学受験情報局の主任相談員として、書籍やドリルの執筆や、中学受験セミナーで活躍している辻義夫先生です。

 辻先生はこう話します。

 「星の観察というと、望遠鏡が必要と思う親御さんもいますが、道具をそろえることよりも、まずは空を見る習慣を付けさせてあげることが大事です。子どもは自分の目の高さにあるものには気づきやすいけれど、それより上にあるものには気づかないところがあります。ですから、まずは『あ、あれ見て! きれいな星!』と親御さんが声かけをしてあげるといいですね。別に親が星の名前を知らなくてもいいんです。『あ~、きれいだなぁ~』とその時間を親子で共有できるだけでも、星に興味を持つきっかけになります」

 「もし、お子さんがさらに興味を持ったら、『あの星はなんていう名前なんだろうね』と一緒に調べてみるといいでしょう。今はスマホの無料アプリで星座に関するものもたくさんあります。中には『えっ!? これが無料でいいの?』と驚いてしまうような面白いアプリもあるので、ぜひ試してみてください」

 辻先生は、「空を見る習慣がある子は、理科に強くなる」と言います。

 「家族でどこかへ出かけるときは、お天気が気になりますね。テレビやスマホの天気予報を見れば、ある程度のことは分かります。でも、『今日の天気はどうかなぁ? これから崩れるのかなぁ?』と空を見て判断をする習慣をつけましょう。西の空に雲があったら、これから雨が降るかもしれないと予測することができます。天気予報で、写真の雲が西から東へ動くのを実際に体験するのです」

 「冬休み中に帰省や旅行で遠出をしたら、日の出・日の入りの時間を気にしてみましょう。東京では今の季節は16時30分ごろになると暗くなります。でも、関西地方に行くと17時くらいと少し遅い。九州地方に行けばもっと遅くなります。でも、北海道だと15時過ぎにはもう暗くなってきます。日本のような小さな国でもこんなに違いがあるのですから、『アメリカのような大きな国はどうなんだろうね?』とお子さんに問いかけてみてください。どんな答えが返ってくるでしょうか?」

 「太陽、雲、月、星などの空への興味は、親の声かけがとても大事です。実は、子どもは見ているようで、ぼんやり見ているだけで、誰かの声かけがないと、それを注意深く見ません。『あ、太陽が沈んでいくよ。きれいな夕日だね』と親がさりげなく声かけをしてあげると、『あ、ほんとだ、きれいだね』とじっくり見ます。また、空を観察することによって、時間の感覚も身に付きます」

次ページから読める内容

  • 冬の動物園や公園は、生き物の生態に気づけるチャンス
  • 理科と料理の密接な関係。カレーライスの作り方が出題される学校も
  • 冬こそ体を動かそう! ブランコの振り幅を大きくするのは?

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
受験セミナー

辻 義夫
辻 義夫 1968年生まれ、神戸市出身。88年から兵庫県を本拠地とする学習塾での指導を開始し、特に理科の授業は分かりやすいと受験生の絶大な支持を得る。97年から、最難関中学合格者を毎年数多く輩出している授業と教材のエッセンスを吸収するため浜学園の講師となり、「塾の使い方」を見つめ直す機会を得る。2000年、生徒一人を徹底的に伸ばす指導を行う中学受験専門プロ個別指導のSS-1設立に尽力し、大阪谷町教室にて最難関中学受験生を指導。現在は副代表を務める。「ワクワク系中学受験」と評されるその指導は、楽しく学べて理科系科目が知らない間に好きになってしまうと好評。 「中学受験情報局 かしこい塾の使い方」主任相談員として執筆、講演活動なども行っている。著書に『楽しくおぼえてアタマに残る 謎解き理科用語』(かんき出版)、『中学受験 見るだけでわかる理科のツボ』(青春出版社)などがある。

…続きを読む