1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 中学受験にも生きる! 冬のおでかけ学習【社会編】
  6. 3ページ目

中学受験にも生きる! 冬のおでかけ学習【社会編】

馬屋原吉博先生/受験の社会の問題は知っている者勝ち。幼少期にどれだけ自分の思い出として残っているかがポイント


初詣はお参りだけじゃもったいない! 神社やお寺の歴史を知れば面白い

 お正月といえば初詣に行くご家庭も多いでしょう。初詣は、神社で年始の願掛けをしておしまい、というご家庭がほとんどかもしれませんが、それだけではもったいないのです。神社やお寺というのは、その土地の歴史を語るもの。その土地の時代背景を知って訪れるのと、何も知らずに訪れるのでは大きく意味が変わってきます。

 「中学受験でもお寺や神社に関する問題は頻出しています。中でもよく登場するのが、伊勢神宮、出雲大社、靖国神社です。伊勢神宮や出雲大社は、いつの時代に誰が建てたかという知識を問う問題から始まり、その時代にどんなことが起きて、人々の暮らしはどうだったかなど幅広く問われます。靖国神社は時事問題で扱われることが多いです」

 「こうした知識を知ったうえで訪れてみると、『あ、この像が「因幡の白うさぎ」で有名な大国主大神だな。絵本で見たのとちょっと印象が違うな』など自分なりの感想を持ちます。それが直接入試につながるわけではありませんが、ただ訪れるよりも、何かしらの知識を持って訪れたほうが数倍楽しく、鮮やかな記憶として残ります。また、そこから歴史に興味を持つこともあるのです」

開成中の「東京問題」 意外と面白い東京散策

 冬休みのような長期休みには、どこか特別な場所に連れていかなければ、と思う親御さんも少なくありません。もちろん、帰省や旅行で新幹線や飛行機に乗って遠出をするのは、その地方の歴史や暮らしを知るとてもいい機会になります。でも、遠くに行かなければ、それらの体験ができないわけではありません。

 「東京の街だってとても面白いんですよ」と馬屋原先生。

 「護国寺、九段下、桜田門、国会議事堂……。普段、皆さんが仕事で使っている駅で下車して、お子さんと一緒に歩いてみてはいかがでしょう? これらの地名にも、日本の歴史や政治、文化が関わっています。また、東京の街を歩いてみると、川が多いことにも気づきます。日本橋川や神田川のクルージングなどに参加すると、東京という街の別の一面が見えてくるかもしれませんね。だいぶ寒いですが冬もやっています」

 「御三家の一つである開成中学の社会入試には、『東京問題』と呼ばれるご当地問題が出題される年があります。例えば、上野公園や神田明神について聞かれる問題などがありました。こうした問題をなぜ出すのでしょう? 優秀な子たちが受けるから、塾で習う内容だけでは点数の差がつきにくいから? いいえ、そうではありません。開成中の社会入試には、塾や学校で習った知識だけではなく、身近な街や世の中の色々なことに興味・関心を持ってほしいという思いが込められているのです。そして、それは社会という教科の在り方そのものを表しているのです」

(取材・文/越南小町、イメージ画像/iStock)

9月セミナーイベント

馬屋原吉博
馬屋原吉博

SS-1 副代表

中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1で副代表として社会と国語を担当し、筑駒・開成・桜蔭をはじめとする難関中学に多くの生徒を送り出している。必死で覚えた膨大な知識で混乱している生徒の頭の中を整理し、テストで使える状態にする指導方法が好評。バラバラだった知識と知識がつながりを持ち始め、みるみる立体的になっていく授業は、生徒はもちろん参加している保護者にも人気がある。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。『カリスマ先生が教えるおもしろくてとんでもなくわかりやすい日本史』(アスコム)など著書多数。『今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る』(かんき出版)は版を重ねている。

…続きを読む