日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 中学入試直前 本番であと10点アップさせるために

中学入試直前 本番であと10点アップさせるために

西村則康さんがアドバイス。直前期、字が雑になっている子は要注意。動揺しないためには事前のイメトレを


12月に入り、中学受験はいよいよ入試本番まであとわずかとなりました。ところが、この時期に至っても、第1志望の過去問の合格最低点まであと10点足りない!という子は少なくありません。安全策を取って第1志望校を変えるべき?と悩むところですが、「やり方次第では10点を上げることができる」と話すのは、本連載でもおなじみの、中学受験のカリスマ家庭教師・西村則康さんです。では、そのやり方とは?

中学受験は4教科の総合点で合否が決まる

「『速さ』と『立体』がいまだに苦手」
「『食塩水の濃度』の問題が出てきたらどうしよう……」

 直前期になると「できていないこと」が気になるものです。

 しかし、西村先生はこう話します。

 「入試は4教科の総合点で合否が決まります。中学受験では算数は重要科目で、塾でもこれまで一番時間をかけて学習してきました。そのため、多くの親御さんは算数の点数を上げることに目が行きがちです。しかし、この時期に苦手分野を完璧にしようと思ってはいけません

 「まず、志望校の過去問を見て、入試に出る範囲とレベルを確認しましょう。例えば同じ『速さ』でも、面積図で解くレベルでとどまっている学校もあれば、ダイヤグラムで解くレベルまで要求する学校もあります。塾ではすべてを習いますが、自分が受験する学校にそのレベルの問題が出なければ手を出す必要はありません」

 「また、この時期は苦手な問題に時間をかけるよりも、得意な問題を解いて気分を上げることをお勧めします。ただし、正解率の高い問題でミスが出ると得点に響きますので、一般的な基礎問題はしっかり押さえておきましょう」

 どうやって基礎を押さえればいいのでしょうか。

次ページから読める内容

  • 一番点数を上げやすい教科は社会。入試直前まで覚え続ける
  • 「問題をよく読む」「字を整える」だけで得点アップにつながる
  • 中学受験は当日のメンタルの影響が大きい

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
受験セミナー

西村則康
西村則康 プロ家庭教師・名門指導会代表、中学受験情報局主任相談員、塾ソムリエ。40年以上、難関中学・高校受験指導を一筋に行う家庭教師のプロフェッショナル。男女御三家、慶應、早稲田、海城、世田谷学園、渋谷教育学園幕張、灘、洛南高附属、東大寺学園、神戸女学院など東西の難関校に合格させた生徒は2500人以上にのぼる。受験学習を、暗記や単なる作業だけのものにせず、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で切り込んでいく授業は親からの信頼も厚い。『御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方』(アスコム)、『中学受援は親が9割 最新版』(青春出版社)、『難関校合格のすごい勉強習慣』(日本能率協会マネジメントセンター)など著書多数。

…続きを読む

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む