12月に入り、中学受験はいよいよ入試本番まであとわずかとなりました。ところが、この時期に至っても、第1志望の過去問の合格最低点まであと10点足りない!という子は少なくありません。安全策を取って第1志望校を変えるべき?と悩むところですが、「やり方次第では10点を上げることができる」と話すのは、本連載でもおなじみの、中学受験のカリスマ家庭教師・西村則康さんです。では、そのやり方とは?

中学受験は4教科の総合点で合否が決まる

「『速さ』と『立体』がいまだに苦手」
「『食塩水の濃度』の問題が出てきたらどうしよう……」

 直前期になると「できていないこと」が気になるものです。

 しかし、西村先生はこう話します。

 「入試は4教科の総合点で合否が決まります。中学受験では算数は重要科目で、塾でもこれまで一番時間をかけて学習してきました。そのため、多くの親御さんは算数の点数を上げることに目が行きがちです。しかし、この時期に苦手分野を完璧にしようと思ってはいけません

 「まず、志望校の過去問を見て、入試に出る範囲とレベルを確認しましょう。例えば同じ『速さ』でも、面積図で解くレベルでとどまっている学校もあれば、ダイヤグラムで解くレベルまで要求する学校もあります。塾ではすべてを習いますが、自分が受験する学校にそのレベルの問題が出なければ手を出す必要はありません」

 「また、この時期は苦手な問題に時間をかけるよりも、得意な問題を解いて気分を上げることをお勧めします。ただし、正解率の高い問題でミスが出ると得点に響きますので、一般的な基礎問題はしっかり押さえておきましょう」

 どうやって基礎を押さえればいいのでしょうか。

次ページから読める内容

  • 一番点数を上げやすい教科は社会。入試直前まで覚え続ける
  • 「問題をよく読む」「字を整える」だけで得点アップにつながる
  • 中学受験は当日のメンタルの影響が大きい

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。