11月~1月にかけて、各大手進学塾では小学3年生の2月からスタートする「4年生クラス」に向けた入塾テストが実施されます。入塾テストの目的は「入塾そのものの可否の判断」と「クラス分け」です。大手進学塾では、上位クラスで入塾しておいたほうが有利といわれています。では、入塾テストに合格するだけでなく、高得点を取るためにはどのような準備が必要なのでしょうか。中学受験のプロ家庭教師・西村則康さんに聞きました。

そもそもの塾選び うちの子に合う塾はどこ

 中学入試の出題範囲は、小学校で勉強する内容と大きくかけ離れていて、学校の勉強だけではとても対応できません。そのため、中学受験の指導を専門とする進学塾に通うのが一般的な流れとなっています。

 しかし、ひとくちに進学塾といっても、大手で言えば首都圏ならサピックス、四谷大塚、早稲田アカデミー、日能研、関西圏なら浜学園、希学園など複数あり、どこがいいのか迷っている人は多いでしょう。そこで、西村さんに各塾の特徴を教えてもらいました。それを表したのが、こちらのマトリックスです。

(西村さんの話を基に日経DUALが作成)
(西村さんの話を基に日経DUALが作成)

 西村さんはこう話します。

 「大手進学塾を検討する際は、『入ってからの授業についていくために、入塾時点で先取り学習が必要となるか』と『授業のスピードの速さについていけるか』の2点が判断材料になります。例えば首都圏で人気が高いサピックスに通うのであれば、現時点で算数の計算は1~2学年上、国語の文章題は1学年上のレベルに対応できる学力が必要になります。それを前提に授業が行われるため、進度はかなりスピーディーです。一方、四谷大塚や早稲田アカデミー、日能研は、先取り学習はさほど必要ありません。日能研については、授業の進みはゆっくりで、同じ大手進学塾でもサピックスとは大きく異なります」

 「塾選びは、ある程度志望校が決まっているほうが選びやすいでしょう。ただ、すでに決まっているという家庭は少ないと思いますので、『現時点でどのくらい学習ができているか』『お子さんにとってどのくらいの授業のスピードがベストか』の2点以外に、塾の雰囲気や通塾時間(片道45分以内)、共働き家庭ならお弁当や自習室の有無なども検討のポイントになるでしょう」

 ここで一番大事なのは「子どもが自ら伸びる環境として、どの塾がベストであるか」という視点です。

 「そういう点では、大手進学塾にこだわる必要はありません。競争や集団が苦手という子は、少人数制で面倒見がいい地元の小規模の塾のほうが伸びやすいこともあります」

 今回は、大手進学塾の場合の入塾テストについて見ていきます。

次ページから読める内容

  • 大手進学塾は上位クラスほど有利になる
  • 学習の習慣と学力が求められる
  • 算数は頻出問題をチェック 対策をすることが大事

続きは、日経DUAL登録会員の方がご覧いただけます

会員限定記事(2590本)が読める
ログインはこちら
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。
もっと見る