1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 小4の受験勉強に必要 「なぜそうなのか」の納得感

小4の受験勉強に必要 「なぜそうなのか」の納得感

プロ家庭教師・西村則康さんがアドバイス「4年生秋の学習の向き合い方」


森山愛ちゃん(仮名)は、大手進学塾の四谷大塚に通う小学4年生。今は5クラスあるうちの1番上のクラスにいますが、算数と理科が少し苦手のよう。このままでは5年生でつまずいてしまうかもしれないと不安を感じたお母さんの優子さんは、プロのアドバイスをもらいたいと、中学受験のプロ家庭教師、西村則康さんに体験授業を依頼。編集部は、ご家庭の了解を得て立ち会わせていただくことに。さて、西村さんはどんな授業をするのでしょうか。家庭学習のヒントが満載です。

小4は勉強習慣と、遊びと勉強のバランスが大事

 4年生コースに通い始めて9カ月がたち、塾通いにも慣れてきた愛ちゃん。塾のクラスも一番上で順調そうに見えますが……。

 席に着くなり、西村さんがまず初めに質問したのは、愛ちゃんの1週間の過ごし方です。

西村さん:「塾のある日はいつ?」

愛ちゃん:「月・水・金」

西村さん:「塾のある日は帰ってからどのくらい勉強をしているのかな?」

愛ちゃん:「30分くらい演習をやっている」

西村さん:「じゃあ、塾のない日はどのくらい勉強をしている?」

愛ちゃん:「毎朝7時から30分間ドリルをやっている。それと、夕方にピアノの練習をしてから、17時から夕飯まで宿題や演習をしている。宿題がまだ残っていたら、夕飯の後にやっている」

西村さん:「週末はどうかな?」

愛ちゃん:「朝は漢字をやって、昼間に理社を復習して、夕方からダンス教室に行っている。日曜日は家族と出かけることが多いかな」

 あれこれ質問しては、スケジュール表に書き込んでいく西村さん。1週間のスケジュールを書き終えて、西村さんは優子さんにこう話します。

1週間のスケジュールを書き出す
1週間のスケジュールを書き出す

 「勉強と遊びのバランスがうまくとれていますね。4年生はまだ時間的に余裕があるため、今のうちにとあれもこれもやらせてしまう親御さんは少なくありませんが、愛ちゃんの場合、土日のどちらかはしっかり遊んでいます。一方、朝の学習は毎日必ずやると学習習慣が身に付いているのは素晴らしいですね」

 学習時間に関しては問題がなさそうとのことで、ホッとした優子さん。でも、勉強のやり方は今のままで大丈夫なのでしょうか?

次ページから読める内容

  • スピーディーに解くために必要な短期記憶
  • 図形を学ぶときは「なぜそうなのか」を理解する
  • 理科はテキストを隅々まで読む

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
10月中学受験セミナー

西村則康
西村則康 プロ家庭教師・名門指導会代表、中学受験情報局主任相談員、塾ソムリエ。40年以上、難関中学・高校受験指導を一筋に行う家庭教師のプロフェッショナル。男女御三家、慶應、早稲田、海城、世田谷学園、渋谷教育学園幕張、灘、洛南高附属、東大寺学園、神戸女学院など東西の難関校に合格させた生徒は2500人以上にのぼる。受験学習を、暗記や単なる作業だけのものにせず、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で切り込んでいく授業は親からの信頼も厚い。『御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方』(アスコム)、『中学受援は親が9割 最新版』(青春出版社)、『難関校合格のすごい勉強習慣』(日本能率協会マネジメントセンター)など著書多数。

…続きを読む

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む