日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 中学受験 勉強を通じて子どもの「学びの器」育てる

中学受験 勉強を通じて子どもの「学びの器」育てる

灘中に合格する子はどんな力を持っているのか? 関西で実績を誇る中学受験塾・浜学園 橋本学園長インタビュー


中学受験で関西の最難関校といえば、灘中学です。特に算数の問題は、首都圏の難関校よりもはるかに難しいと言われています。そんな学校に合格できる子どもたちは、どんな力を持っているのでしょうか。16年間連続で灘中合格者数日本一の実績がある関西の中学受験専門塾・浜学園の学園長、橋本憲一さんに聞きました。

知的好奇心と結果が釣り合ったときに学力が伸びる

 中学受験の最難関校といわれる灘中に合格する子どもは、初めから灘中を目指して受験勉強をスタートさせた子たちなのでしょうか。

 それに対して浜学園・学園長の橋本憲一さんはこう答えます。

 「浜学園では毎年灘中に多数の合格者を出していますが、入塾時点では必ずしもみんなが灘中を目指しているわけではありません。もちろん、中には親子3代灘卒で、子どもを“なにがなんでも灘”に入れたいというご家庭もありますが、多くの場合は、初めから灘中を意識しているわけではく、受験勉強に打ち込んでいくうちにその力がついていったという印象があります」

 「子どもたちが前のめりになるような、楽しくて魅力的な授業を心掛けています。勉強をする上で欠かせないのが知的好奇心だからです。でも、楽しいだけの勉強は長続きしません。身に付いた知識を生かし、テストなどで結果が出せるようになると、勉強はより楽しくなります。この“知的好奇心”と“結果”が釣り合ったとき、子どもの学力は大きく伸びます。そして、灘中にチャレンジしてみたいと思うようになるのです」

 知的好奇心を刺激するために、授業を工夫するというのは理解できますが、それを結果につなげていくには、どうしたらよいのでしょうか?

 次のページからは、子どもの学力を伸ばすヒントだけでなく、新型コロナの影響で例年とは異なる夏休みを受験生がどのように過ごせばいいのか、塾の先生に質問に行くことで伸びる子&伸びない子、について紹介します。

勉強をする上で欠かせないのが知的好奇心(写真はイメージです)
勉強をする上で欠かせないのが知的好奇心(写真はイメージです)

次ページから読める内容

  • 授業で覚えた知識を定着させることが大事
  • 夏休みの最大の課題はスケジューリングの上達
  • 「先生に質問する」の大きな落とし穴
  • 昨日より今日が成長できたか?

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
受験セミナー

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む