1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 4~5年の基礎「子ども任せ」は受験直前の失速のもと

4~5年の基礎「子ども任せ」は受験直前の失速のもと

中学受験塾に通う4~5年生、つまずきの多くは基礎不足。固めれば得点は必ず上がる。親がまずチェックするべきは?


塾で新学年の授業が始まって半年がたちます。受験学年ではないからまだ気持ち的にはラクだけれど、日に日に授業の内容が難しくなってくる小学校4、5年生のカリキュラム。子どもは塾には休まずに通っているし、家でも宿題を頑張っているのに、いまひとつ成績が伸びない。このままこの状態が続いてしまったらどうしよう? 夏休み前に、そんな不安を抱える保護者もいるでしょう。ここで軌道修正をして、夏からの後期は好スタートを切りたいもの。そのためにはどんな対策をすればよいのでしょうか? 中学受験のプロ家庭教師・西村則康さんにアドバイスをもらいました。

計算や漢字や熟語は“ちゃんと”しないと定着しない

 「頑張っているのに、なかなか成績が上がらない。その原因の多くは、基礎力不足が考えられます」

 開口一番、西村則康さんはこう話します。

 「4、5年生の場合は、算数なら計算力、国語なら漢字や熟語などの語彙力を訓練することで、テストの点数は必ず上がってきます。『それは毎日やっている』と保護者はおっしゃるかもしれませんが、ただやるだけでは効果はありません。“ちゃんと”やっていなければ、定着はしていかないのです」

 では、この“ちゃんと”というのは、どのような状態をいうのでしょうか?

 「計算や漢字などの勉強は、応用問題よりも簡単だし、ルーティンな学習のため、子どもに任せても大丈夫と思いがちです。実際、丸付けもすべて子どもに任せているという家庭も多いことでしょう。しかし、私はこれらの学習こそ、親御さんがしっかり見てあげるべきだと考えています。なぜなら、ここをおろそかにしてしまうと、基礎学力でつまずいてしまい、その先の応用に対応できなくなってしまうからです」

 具体的に、どのように見てあげればいいのでしょうか。

次ページから読める内容

  • 親がチェックするポイントと声かけ法
  • 小学4・5年生の学習目標は
  • 塾によって夏期講習の内容は異なる
  • 5年生、「ここでつまずくとその後つらい3分野」

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
9月セミナーイベント

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む

西村則康
西村則康 プロ家庭教師・名門指導会代表、中学受験情報局主任相談員、塾ソムリエ。40年以上、難関中学・高校受験指導を一筋に行う家庭教師のプロフェッショナル。男女御三家、慶應、早稲田、海城、世田谷学園、渋谷教育学園幕張、灘、洛南高附属、東大寺学園、神戸女学院など東西の難関校に合格させた生徒は2500人以上にのぼる。受験学習を、暗記や単なる作業だけのものにせず、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で切り込んでいく授業は親からの信頼も厚い。『御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方』(アスコム)、『中学受援は親が9割 最新版』(青春出版社)、『難関校合格のすごい勉強習慣』(日本能率協会マネジメントセンター)など著書多数。

…続きを読む