1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 中学受験の社会には「地政学」のベースとなる学びが満載

中学受験の社会には「地政学」のベースとなる学びが満載

社会を学ぶ基本は地形。産業も政治もみんな地形が絡んでいる


連日ニュースでウクライナ問題などが報道されているなかで、「地政学」が注目を浴びています。地政学とは、政治を考えるにあたって、その国の地理的な条件を研究する学問分野です。中学受験の社会では「地理」「歴史」「公民」の3分野を学習しますが、これらの学びは「地政学」とも結びつきます。社会科指導のプロで、個別指導教室SS-1副代表の馬屋原吉博さんに解説してもらいました。

受験勉強の基本知識は地政学に生かせる

 ここ数年、「地政学」をテーマにした書籍がたくさん書店に並ぶようになりました。そもそも「地政学」とはどんな学問なのでしょうか。

 馬屋原さんはこう説明します。

 「地政学とは、簡単に言うと『国の地理的な条件をもとに、他国との関係性や国際社会での行動を考える』アプローチを学ぶ学問のことです。『シーパワー(海洋国家)』や『ランドパワー(大陸国家)』といった言葉を聞いたことはないでしょうか。米国、日本、英国はシーパワーで、中国やロシアはランドパワーです。世界史をひもとくと、シーパワーとランドパワーは衝突を繰り返してきました。

 このように、地政学と大きく関わるのは世界地理や外交のため、日本地理や日本史を中心に学ぶ中学入試の勉強では地政学的な内容が直接出題されることはあまりありません。しかし、地政学を学ぶ上で必要な『地形』『気候』『産業』『文化』といった基本的な知識は、中学受験で学習する内容そのものです。

 つまり、中学受験の内容を活用することで、地政学的な視点で物事を見ることができるようになるのです」

 中学受験の社会の学習は日本地理の、各都道府県の名称と各地域の特徴からスタートします。では、そこからどんな地政学的な視点を得ることができるのでしょうか。

次ページから読める内容

  • 地形と天気、雨温図が入試に頻出される理由とは
  • 日露戦争 日本が勝利したのは地形と外交のおかげ?
  • 22年駒東の社会は地理的要因と歴史的要因がポイント

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
7月中学受験セミナー

馬屋原吉博 SS-1 副代表
馬屋原吉博

中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1副代表。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。筑駒・開成・桜蔭をはじめとする難関中学に多くの生徒を送り出している。必死で覚えた膨大な知識で混乱している生徒の頭の中を整理し、テスト・入試で使える状態にする指導方法が好評。『今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る』(すばる舎)、最新刊『今さら聞けない!世界史のキホンが2時間で全部頭に入る』(すばる舎)等著書多数。中学受験生&保護者向けサービス『SS-1テラス』にて、授業やトークライブをオンライン配信中。

…続きを読む

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む