日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 中学受験の勉強スタート!4年生の学習で大事なこと

中学受験の勉強スタート!4年生の学習で大事なこと

大手塾は上位クラスほど有利。でも、4年生のうちなら挽回は十分可能


今の時代、中学受験をするなら大手進学塾に通うのが一般的です。けれども、大手進学塾に通いさえすれば、誰もが難関中学に入れるというわけではありません。難関中学を目指すなら、まずは塾で上位クラスに入ることが先決。でも、入塾テストで上位クラスに入れなかったら、もう挽回の余地はないのでしょうか?

「そんなことはありませんよ。だって、中学受験の勉強はまだ始まったばかりなのですから」と心強い言葉をかけてくれるのは、中学受験専門プロ家庭教師の安浪京子先生です。

では、中学受験のスタート学年である4年生は、この一年どんな心構えで勉強を進めていけばよいのでしょうか? 4年生の学習で大事なことを聞いてみました。

入塾時に上位クラスに入っても、5年生で脱落する子は多い

「4年生の段階で上位クラスにいる子は、まだ本当に学力があるかどうか判断できない」(安浪京子先生)
「4年生の段階で上位クラスにいる子は、まだ本当に学力があるかどうか判断できない」(安浪京子先生)

 中学受験をするなら、小学3年生の2月から大手進学塾に通い、そこから3年かけて受験のための勉強をするのが一般的です。なぜなら、大手進学塾には、中学受験に勝ち抜くための豊富なカリキュラムがそろっているからです。

 でも、ここで一つ、知っておいてほしいことがあります。それは、大手進学塾の学習カリキュラムは、成績優秀な子を基準に設定されているということです。

 多くの塾にとって最も大切なのは、受講生すべての成績を上げることではなく、「何人の生徒を難関校に合格させたか」という実績です。塾にとって一番ありがたいのは、難関校へ入ることのできる実力を持った子どもたちがその塾に通ってくれることなのです。そのため、テキストをはじめとしたすべての学習カリキュラムが、そうした成績優秀な子が満足して学べる内容に作られています。つまり、すべての子が理解できる内容ではないということです。

 にもかかわらず、すべてのクラスで同じテキストを使い、同じ内容のテストが実施されます(塾によっては、クラスに応じてテキストやテストが異なる場合もあります)。上位クラスの子は、理解が早いため、授業でもほぼ範囲を扱ってもらえますし、授業の内容さえしっかり理解できていれば、テストで点を取ることができます。しかし、それ以下の子は、授業中に習わなかった範囲もテストでは出題されるため、点を取ることができません。つまり、クラスを上げるチャンスが得にくいということです。

 そう聞くと、入塾テストで上位クラスに入れなかったら、もう挽回はできないのか……とがっかりしてしまう親御さんもいるでしょう。

 「でも、大丈夫です。4年生コースが始まった今の段階で諦める必要はありません」と安浪先生。

 「というのも、4年生の段階で上位クラスにいる子というのは、まだ本当に学力があるかどうか判断できないからです」

次ページから読める内容

  • 脱落するのは「親の管理のおかげでついっていっている子」
  • 4年生で大事なのは「学習習慣を身に付けること」と「勉強を好きにさせること」
  • 中学受験に不可欠なのは親の愛情。忙しいデュアラーこそ、それを意識して

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
受験セミナー

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む