1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 家庭教師の授業を初体験 これからの課題が見えた

家庭教師の授業を初体験 これからの課題が見えた

小6の男の子を、中学受験プロ家庭教師・西村則康さんが指導


都内に暮らす鈴木公太君(仮名)は、小3の2月から大手進学塾のサピックスに通っています。今はαクラスにいて、多少成績の上がり下がりはあるものの、全体的に見れば順調のようです。しかし、お母さんの真奈美さんは、今のやり方で勉強を進めても大丈夫なのか不安を抱えています。家庭教師はどのように授業を進めるのか、家庭教師の西村則康先生の体験授業の様子をリポートします。家庭学習での弱点補強の見つけ方や、勉強のコツについてのノウハウを紹介します。

理科は特徴をおさえて テキストの隅々まで読むこと

 初めての家庭教師に真奈美さんも公太くんもちょっとドキドキしている様子。そんな二人の緊張を和らげるように、気さくに話す西村先生。テキストやノートをめくりながら、「おお~、ちゃんと丁寧に書いているね。立体的に書くのも上手だね」と、公太くんの日ごろの勉強の様子を探ります。その後、直近のテストの結果を見て、「おや? なんで植物だけこんなに取れていないんだ?」と驚きました。

 公太くんの現時点での志望校は駒場東邦中(以下、駒東)だそう。公太くんは算数と理科が得意なので、志望校としては悪くありません。ところが、成績表のグラフを見ると、理科は物理系の問題がほぼ満点なのに対し、植物の問題は半分も取れていません。

 そこで、先生は突然、大豆の豆を2つに開いた絵を描き、その中に小さな丸を描きました

「公太くん、ここは何かな?」
「子葉?」
「……自信のほどは何%?」
「うーん(と首をかしげ)……幼芽?」
「そう、これは幼芽だね」

西村先生が書いたイラスト。左上は、大豆を2つに開いた絵
西村先生が書いたイラスト。左上は、大豆を2つに開いた絵

次ページから読める内容

  • 理科は細かい知識やそのつながりを問われる問題が増えている
  • 記述問題は解答欄を埋めることが必須 句読点の使い方にも注意
  • 正しいえんぴつの持ち方が学力を上げる

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
9月セミナーイベント

西村則康
西村則康 プロ家庭教師・名門指導会代表、中学受験情報局主任相談員、塾ソムリエ。40年以上、難関中学・高校受験指導を一筋に行う家庭教師のプロフェッショナル。男女御三家、慶應、早稲田、海城、世田谷学園、渋谷教育学園幕張、灘、洛南高附属、東大寺学園、神戸女学院など東西の難関校に合格させた生徒は2500人以上にのぼる。受験学習を、暗記や単なる作業だけのものにせず、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で切り込んでいく授業は親からの信頼も厚い。『御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方』(アスコム)、『中学受援は親が9割 最新版』(青春出版社)、『難関校合格のすごい勉強習慣』(日本能率協会マネジメントセンター)など著書多数。

…続きを読む

越南小町
越南小町 1971年、東京生まれ。フリーライター。子どもの誕生をきっかけに、わが子の成長に合わせ、ベビー雑誌、保育園専門誌、育児・教育雑誌、塾専門誌で取材・執筆。7年前に子どもの中学受験を経験したものの、国立大学の付属中学で併設高校が無かったため、その3年後に“高校受験生の母”、またその3年後に“大学受験生の母”も体験。中・高・大の3つの受験を知る受験ライター。

…続きを読む