2005年に首都圏初の都立中高一貫校、都立白鷗が誕生して以来、毎年高倍率が続いている公立中高一貫校入試。年度により上昇・下降はあるものの、平均6倍率の狭き門となっています。では、今年の入試はどうだったのでしょうか? 公立中高一貫校入試に詳しい安田教育研究所の安田理さんに聞きました。

 首都圏1都3県には現在22校の公立中高一貫校があります。内訳は、東京都が11校、神奈川県が5校、千葉県が3校、埼玉県が3校です。公立中高一貫校といえば、あまりお金をかけずに私立中高一貫校と同等の教育が受けられると、開校当初から人気でした。しかし、「初めはダメ元で受けてみて合格できたらラッキーという家庭が多かったけれど、今は受けるからには塾に通い、事前の準備が必要な受検に変わってきています」と安田さんは話します。

 下のグラフは、2012年から2019年までの都立の中高一貫校の応募者と倍率の推移です。

図版はすべて安田さんへの取材を元に編集部で作成
図版はすべて安田さんへの取材を元に編集部で作成

 では最新の2020年公立中高一貫入試はどうだったのでしょうか。2020年の応募者数(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)と分析を次のページから紹介します。

次ページから読める内容

  • 公立中高一貫校の受け皿に。多くの私立中学で適性検査型の入試を実施
  • 都立中高一貫校の2020年と2019年の比較
  • 神奈川県の公立中高一貫校の2020年と2019年の比較
  • 千葉県の公立中高一貫校の2020年と2019年の比較
  • 埼玉県の公立中高一貫校の2020年と2019年の比較
  • 適性検査型入試が多種多様に設定
  • 難関私立中学の併願校として受験。小石川で女子70人が離脱
  • 難関国立大推薦入試の合格者多数。さらに勢いを伸ばすと予想

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2003本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る