日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 共働き中学受験 基本のキ
  5. 2018年度 難関中学入試が伝えるメッセージとは?

2018年度 難関中学入試が伝えるメッセージとは?

これからの受験勉強はパターン学習ではなくより深い理解が不可欠


2020年の大学入試改革を前に、中学受験においても入試傾向の変化が予測された2018年度入試。しかし、こうした動き以前に、これからの時代に求められる「思考力」を問う問題を入試に取り入れてきた難関校では、大きな変化なく、例年通り難易度の高い問題が出題されました。その中でも、「わずかな変化はあった」と中学受験のプロ家庭教師・西村則康先生が解析。2018年度入試からどんなことが見えてきたのでしょうか?

開成中の算数が易化。国語の出来で合否が分かれる結果に

「今年の中学受験は、全体的には例年通りの問題。ただ一つ特徴があったのは、開成の算数の易化です」(西村則康先生)
「今年の中学受験は、全体的には例年通りの問題。ただ一つ特徴があったのは、開成の算数の易化です」(西村則康先生)

 このページの一番下に掲載した2つの表は、男子御三家のうちの2校、開成中と麻布中の算数入試の問題傾向とその難易度を表したものです(資料提供:中学受験情報局)。男子難関中学の算数入試は、大問が3~5題と少なく、計算などの「処理能力」を問う問題と、手を動かしながら解法を考える「思考力」を問う問題に二分されます。こうした入試スタイルは従来通りで、まずはその対策をしっかりしておくことが不可欠です。

 しかし、今年は一つだけ例年と異なることがありました。

 西村先生はこう話します。

 「2018年度の難関校入試において、唯一変化を挙げるのなら、開成中の算数の易化でしょう。開成中といえば、男子御三家の中でも算数の難易度の高い学校です。特に『思考力』を問う問題は一筋縄では解けず、従来の入試であれば、算数が得意な子が有利とされていました。ところが、今年はその戦略が全く通用しなかったのです」

 「特に近年の入試では、新しいタイプの難しめの問題が続いていたため、その対策に大幅な時間を割いていた受験生にとっては、肩透かしを食らわせるような典型問題のオンパレードで、驚いたのではないでしょうか。従来なら1.8レベルの思考問題が、今年は1.25と易化(表参照)、85点満点のテストで、合格者平均点が73.9点という高さに(従来の合格者平均点は50~60点)、算数が苦手な子にとっては幸運となりましたが、算数で高得点を上げて逃げ切ろうと考えていた子にとっては、厳しい戦いとなりました」

 では、合否の分かれ目となった教科は?

 「開成中の理科・社会は例年高得点勝負です。それは今年も同じでした。となると、今年度の合否の分かれ道となったのは国語です。開成中の国語入試は記述問題が多いのが特徴です。内容は例年通りでしたが、算数の易化で点差が付けられなかった今年は、国語の点数で合否が決まったと言っても過言ではないでしょう」

 しかし、こういう見方もあります。

 「算数で勝負を懸けてきた受験生にとっては不本意な受験となりましたが、開成中の入試を長い目で見ていくと、こうした変化は5~6年に1回の割合で起こっています。というのも、開成中では毎年順番で一人の先生が問題を作成していると言われているからです。ですから、こうした変化は十分にあり得るのです」

 「逆に、以前から年によって出題の傾向や難易度が大きく変わることがたびたびあるという点では従来通りとも言えます。それは、『うちの学校を受けるくらいの子なら誰でも入ってくれていいんだよ。本当に力のある子なら、どんな問題が出ても大丈夫だよね』という学校側のメッセージが読み取れます。あえて傾向を固定しないことで、どんな問題が出題されても対応できる力を求めているのです」

 「つまり開成中の受験では、4教科オールマイティーで解く力が必要ということです。どんなに難しい問題でも、易しい問題でも確実に解く。そのためには開成中の過去問だけでは足りません。難しめの問題に対応するには、灘中の一日目の過去問を、易しめの問題に対応するには、芝中レベルの過去問にも触れ、幅広く対応できるようにしておきましょう」

(出典:中学受験情報局)
(出典:中学受験情報局)

※ おすすめ日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ![新版]』

本連載の内容に加筆した充実の書籍『中学受験 基本のキ![新版]』(日経BP社)では、「中学受験に興味はあるけど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までの親子向けの情報を、シーズンごとに整理して掲載しています。受験校の併願パターンでは74校を紹介しています。Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書で、中学受験に関する情報の基本から応用までを、幅広く押さえてください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [新版]』
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

次ページから読める内容

  • 入試問題は学校からのメッセージ。問題傾向から求める学生像が見えてくる
  • 各校で求められる算数の「思考力」。その特徴をつかむことが、合格への近道

続きは、日経xwoman登録会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
受験セミナー

西村則康
西村則康 プロ家庭教師・名門指導会代表、中学受験情報局主任相談員、塾ソムリエ。40年以上、難関中学・高校受験指導を一筋に行う家庭教師のプロフェッショナル。男女御三家、慶應、早稲田、海城、世田谷学園、渋谷教育学園幕張、灘、洛南高附属、東大寺学園、神戸女学院など東西の難関校に合格させた生徒は2500人以上にのぼる。受験学習を、暗記や単なる作業だけのものにせず、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で切り込んでいく授業は親からの信頼も厚い。『御三家・灘中合格率日本一の家庭教師が教える 頭のいい子の育て方』(アスコム)、『中学受援は親が9割 最新版』(青春出版社)、『難関校合格のすごい勉強習慣』(日本能率協会マネジメントセンター)など著書多数。

…続きを読む