日経DUALの「共働き子育てしやすい企業グランプリ2017」で見事グランプリを受賞したSCSK。「かつてはブラックだった」という同社がいったいどのように“ホワイト”企業になったのか。施策についての詳報「SCSK 残業しなくても一律残業代をもらえる理由」、谷原徹社長インタビュー「SCSK社長 数字より『社員の成長』を追いかけろ」に続き、今回は共働きで4人の子どもを育てている男性社員の声をお届けする。実際に中で働いている人から見た、グランプリ企業の実態とは。

【関連記事:共働き子育てしやすい企業ランキング特集】
第1回 「共働き子育てしやすい企業2017」50社発表!
第3回 「共働き子育てしやすい企業&街2017」表彰式
第4回 ホワイト企業SCSK 私たち、前はブラックでした
第6回 SCSK 残業しなくても一律残業代をもらえる理由

平日も家族6人そろって晩ごはん、毎月1回は有給休暇取得

 下は1歳から上は小6までの4人の子どもを共働きで育てている田丸裕史さん(SCSK 経営企画グループ 事業戦略企画部 第一課長)。働き方改革で生活はがらりと変わった。

 「上の2人の子どもが小さいころの記憶はあまりないのですが、今は家にいる時間が増えたおかげで、下の2人の子どもと触れ合う機会は比較にならないくらい多いです。平日でも、家族6人そろって晩ごはんを食べ、子どもをお風呂に入れる日もあります。父親としての居場所ができました(笑)」
 
 SCSKが全社的に進めてきた働き方改革のおかげで、家族そろって毎晩夕飯を食べるなど「以前はあり得ないと思っていたこと」が次々と実現した。有給休暇の取得もその一つ。同社が目標に掲げる、年間20日の有給休暇取得をこなすため、月に1回は計画的に休みを取る。

 「有給休暇は創立記念日や行事の代休など、子どもの学校の休みに合わせて取っています。育休中の妻とランチに行くために取ることもたまにありますね。本当にありがたいです。妻も、私の有給休暇を想定して『今月はいつ休める?』と聞いてきます。以前は、『何かをお願いすると仕事に影響するから申し訳ない』と思っていたようですが、今は、私が有給休暇を取って子どもの面倒を見ている間に妻が自分のやりたいことをするなど上手に調整できているようです。妻も喜んでくれています」

 田丸さんは1997年入社。合併などで社名は変われど、ずっと同社で働いている。以前はどんな会社だったのだろうか。「営業にいたこともありますが、勤務時間など気にせず、相当量の残業をし、土日出勤も当たり前。有給休暇は、夏休みと正月休みのためか、風邪引いて休まなきゃいけないときに使う、というぐらい。子どもの運動会で休むのに気を使うような会社でしたね」

 ところが今や状況は一変。「育休を取りましたか?」という質問に対しても、田丸さんは、「有給休暇が取りやすい会社に変わったので、育休をわざわざ取らなくても有給休暇で何とかなるなと思うほどです。もちろんせっかく制度があるので、昨年は育休も取りましたが」と答えてくれた。

SCSK 経営企画グループ 事業戦略企画部 第一課長の田丸裕史さん

<お知らせ:2018年度調査にエントリーしてみませんか?>
2018年度「共働き子育てしやすい企業ランキング」へのエントリー(自薦)にご興味をお持ちの企業の方は、こちらのフォーマットから必要項目をご回答ください。2018年の夏ごろに調査表を配信させていただきます。皆さまのエントリーをお待ちしております! 

↓ ↓ ↓

「2018共働き子育てしやすい企業ランキング 調査表依頼予約フォーム」

次ページから読める内容

  • 社長の熱い思いを聞きつつも「正直、無理だろう」
  • 忙しい月があれば、ほかの月で調整して平均残業5時間を死守
  • リモートのほうが集中でき、質の高い会議になった
  • 仕事から離れる時間が長いからこそ仕事を頑張れる

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。