日本経済新聞が2017年から行っている、創業20年以内の国内の未上場企業を対象にしたNEXTユニコーン調査。その第2回(2018年)調査で推定企業価値801億円として、第2位にランクインしたのがエナジーテック企業のパネイル(東京・千代田)だ。共働き世帯にも喜ばれているユニークな制度や、無駄残業をゼロにするために全社一丸となって協力し合う社内文化について伝えた上編に続き、下編では、研究開発本部のマネジメント責任者として活躍する共働きパパの松岡泰三さんと、取締役副社長で3歳の男の子のママでもある創業メンバーのキム・ヒョヨンさんにお話を伺った。

<パネイル 企業リポート>
【上編】パネイル 無駄残業ゼロの理由とは?
【下編】パネイル 管理職パパ&副社長ママの両立術 ←今回はココ

娘の幼稚園の先生たちと話をするため、10時出社を選択

 2018年12月にパネイルに転職した松岡泰三さん。現在は、研究開発本部のマネジメント責任者として企画制作チームを束ねる。

 「それまで14年は、インターネット広告事業などを展開する大手IT企業でプラットフォームの開発をしていました。部長職を任されたものの、大企業はどこでもそうなのでしょうが、自身の裁量で回せない部分が多く、行き詰まりを感じていました。

 (前編で登場した人事部長の)山下とはもともと知人なのですが、山下からこの会社の話を聞き、意思決定のプロセスの早さに魅力を感じて入社したんです。ハードに働くけど、早く帰るというワークスタイルにも引かれましたね」と、松岡さんは話す。

 松岡さんは現在、幼稚園に通う長女と保育園に通う次女の2人を育てる共働きパパ。日ごろは他の企業で時短勤務で働く妻に頼っている部分が多いと話すが、長女を電車で幼稚園まで送るなど、育児にも積極的だ。

 「転職してから早く帰れるようになったので、家族で夕食を共にしたり、子どもたちをお風呂に入れたりする時間も増えました」

研究開発本部マネジメント責任者の松岡泰三さん。運動が趣味で平日もキックボクシングのジムに通う。私生活では2児の共働きパパ。毎朝の幼稚園への送りを担当し、担任の先生とのコミュニケーションを大事にするなど、子育てにも積極的に関わる
研究開発本部マネジメント責任者の松岡泰三さん。運動が趣味で平日もキックボクシングのジムに通う。私生活では2児の共働きパパ。毎朝の幼稚園への送りを担当し、担任の先生とのコミュニケーションを大事にするなど、子育てにも積極的に関わる

 プチフレックス制度を活用し、始業時間を会社の規定の始業時間より30分遅い、10時にしているのは、娘の幼稚園の先生たちと関わるためという。

次ページから読める内容

  • リモートワークをチームメンバーにも推奨
  • 補助制度活用で夫婦ともにストレス減
  • 副社長ママ 創業から4年後に出産
  • 両立生活を維持するため、最も大事にしているのは体力づくり

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。