スキルを上げるためのMBAは単科で挑戦

椿 もう一つ、最近始めたことなのですが、MBA講座のうち、英語でのプレゼンテーションを学ぶクラスを単科で受講しています。やはり育児と仕事を両立しながら、フルタイムでMBAを取るというのは大変ですし、MBAの取得ではなく、必要なスキルを身に付けるということが私の目的だったので、まずは単科で3カ月間、全6回という形でスタートしました。

―― それは、本業のために、英語でのプレゼンテーションスキルを上げたいと思う場面があった、ということでしょうか?

椿 今の仕事では、英語でプレゼンするという機会はほとんどないので、実は直接的には関係ないのですが、日本語でのプレゼンテーションは頻繁にしています。毎回、フィードバックは求めているものの、自分では上達している感じがしなくて。聞いている人たちに自分の言葉があまり響いていないんじゃないか、ストーリーテラーとして自分のレベルはどうなんだろうか、と思うタイミングが結構あったこと、グローバルカンファレンスのキーノートスピーチを聞いて自分との力の差を感じたことから、この機会にブラッシュアップしたいと思って飛び込みました。

 最初は、日本語のプレゼン講座を取るつもりで、体験授業にも行ったのですが、どこまで有意義な時間にできるか分からなくなってしまって。日本語のプレゼンは、かなりの数を経験していますし、知っていることばかりだと思ってしまうような講座だったら、時間がもったいないですよね。

 英語のプレゼンはほとんど経験もないし、自信もないので、どんな内容でもプラスにはなる。いつかは英語でスピーチする機会も得たいと思っているし、どうせやるなら、この機会にハードルを上げて挑戦しようと思ったんです。

藤村美里さん