こんにちは! 美部屋セラピスト&収育士の堀江梨江です。家族みんなが心地良く暮らせる“美部屋”づくりのコツをお伝えする連載も今回で最終回。仕事に子育てに忙しいDUALファミリーにぜひ実践していただきたい「時短家事」につながるキッチン周りの片付けのポイントを紹介します。

「明日も使うからいいや」と気が緩むけれど…

 お部屋を美しく整えたいと思ったときに、一番のハードルとなるのが「キッチン」ではないでしょうか。決して広くはないスペースに、食材や調理道具が密集していて、気づけばゴチャゴチャ……。ただでさえ“片付け力”が問われるうえ、「これは明日も使うからここに置きっ放しでいいや」とつい気持ちも緩みがちになるところ。結果、既に持っている常備品を重複して買い足してしまってモノがあふれたり、短時間で料理をしたくても必要な材料がすぐに見つからなかったりと、「お金と時間のムダ」を生むキッチンになっているケースが少なくありません。

 かくいう私も働く母として、毎日試行錯誤の連続。カンペキにできている!とまでは胸を張れませんが、いくつかのポイントを押さえることで、自分にとって心地よく使いやすいキッチンを維持できています。時短家事につながる“美キッチン”キープのコツを紹介しますね。

冷蔵庫内の食材の定位置を決める

 片付いている冷蔵庫の共通点は、「食材の置き場所が決まっていること」。朝食で毎日食べるヨーグルトはメイン庫内の2段目左端、調味用のタレは右扉裏の下のラック……などと、日常的に使う食材の“定位置”を決めておきましょう。

 私の場合は、育ち盛りの息子のために欠かせない牛乳は、開封した牛乳のほかに「ストックの牛乳」を置く定位置まで決めています。1パック飲みきったら、ストックしていた牛乳を移して、また買い足し。そうすることで、冷蔵庫内をパッと見るだけで「ストックが切れている食材」が一目瞭然。必需品の買い忘れを防げます。

次ページから読める内容

  • 粉末だしやバターは詰め替えるけど、味噌はそのまま
  • フライパンは吊り戸棚? シンク下?

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。