5歳と8歳の子どもを育てるデュアラーママでアナウンサーの安田美香さんが、子どもと一緒に出掛けて「来てよかったな」「また行きたいな」と感じた場所やイベントをリポートするこの連載。「YouTuber Academy(ユーチューバーアカデミー)」の体験リポートをお伝えした前回に続き、今回はアカデミーを起業した現役大学生に話を聞きました。

イラスト/岡山進矢

YouTuber Academyを起業した理由

 前回は、撮影や編集など、動画制作に必要な知識や技術を学ぶことができる「YouTuber Academy(ユーチューバーアカデミー)」のスクール体験会に小学2年生の息子が参加したリポートをお伝えしました。

上編記事はこちら

 講師を務めていたのは、FULMA COO 中條武さん(写真右)と、中村真奈さん(写真左)。なんとお二人は現役の大学生! 現在、中條さんは東京大学の4年生、中村さんは慶應義塾大学2年生です(2019年3月現在)。YouTuber Academyは、現役大学生によって設立され、運営されているのです。一体どんな思いで起業するに至ったのでしょうか? 話を聞いてきました。

YouTuberを育てるためのスクールではない

中條さん YouTuber Academyは、YouTuberを育てることが一番の目的ではありません。もちろん、動画の作り方を教えていますので、もしかしたらこのアカデミーからYouTuberになる子が、将来出るかもしれません。でも僕たちがYouTuber Academyを立ち上げたのは、「子どもたちが“やりたい!”と思う、その気持ちをかなえる場所をつくりたい」という思いからでした。

 FULMAを設立したのは、現在慶応義塾大学4年生の齊藤涼太郎さん。齊藤さんは高校生のときに、“子どもの子どもによる子どものための活動”を行う「FLEAD(フリード)」という、中高生のみで活動するボランティア団体を設立。「第18回ボランティア・スピリット・アワード」にて、文部科学大臣賞を受賞しています。

 齊藤さんは大学進学のため上京。「子どもたちの好きなこと、やりたいこと、純粋な好奇心を応援したい」という思いから、2016年7月にFULMAを設立しました。北海道の大自然の中で育った齊藤さんは、「子どもたちにもっと自然の中で遊んでもらいたい」という思いから、最初は子ども向けの自然体験や陶芸体験教室などを行っていたそうです。

中條さん そんな中で、「YouTuberになりたい」という子どもが急激に増えてきたんです。でも、その思いをサポートしたり、技術を教えたりする場所がなかった。そこで、楽しく学びながら子どもたちの“やりたい”気持ちがかなう場所として、YouTuber Academyを開講したんです。

次ページから読める内容

  • 表現力と企画力、そして「自信」を育む
  • 小学校でネットリテラシーの出張授業も開催
  • 「YouTuberになりたい」という夢を、応援できるきっかけに

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。