忙しいDUALパパのための“見た目力アップ”のポイントをお届けする本連載。「ファッション編」「肉体改造編」に続くシリーズ第3弾は「体臭改善編」をお伝えします。今回は、体臭研究における第一人者として治療と研究を続ける、五味クリニック院長の五味常明医師にお話を伺いました。

 “見た目力アップ”と言いながら今回のテーマは「臭い」ですが、妻や娘から「パパ、臭い」と言われたことはありませんか? あるいは、いつか言われるかも、とビクビクしていませんか? 実際に困っているというママ読者もいることでしょう。30~40代から出やすくなるミドル脂臭(別名つわり臭)は、女性に強烈な不快感を与えるといわれています。なぜそういう臭いが起きるのか、体臭が発生するメカニズム、そして対策をお伝えします。

もし無人島で一人だったら、体臭で悩むことはない

五味常明医師

 自分の体臭で周囲の人を不快にしているのではないか、という悩みは人間関係の中でしか出てこないものです

 自分の体臭が臭くて、いつも鼻をつまんでいる。そんな人は見たことがないはず。自分の体臭はむしろ、自分にとっては「いいにおい」だと感じるのです。もし、一人で無人島にいたならば、体臭について悩むことはありません。相手がいるからこそ「自分は臭いのではないか」と悩むのです。

 これは外見的なことでも同じです。髪が薄いとか、鼻が低いとか、目が細いとか。これらは相手がいないと悩まないですよね。ただ、こうした視覚的なものは、極端に言えば「嫌なら見るな」と言うことができます。でも体臭の場合は、「嫌なら息をするな」とは言えない。

 体臭で悩む人の大半は、「周囲へのスメルハラスメントになっているのではないか?」という不安からその場に居られなくなり、自分の存在そのものが否定されていると感じます。そうして徐々に消極的になり、他人を避けるようになり、電車に乗れなくなり、会社へも行けなくなってしまうのです

 ビジネスパーソンにとっても、積極性がなくなり人間関係がつくれなくなるというのは致命的ですよね。

来院患者の6~7割は、臭っていないのに悩んでいる

 体臭の問題点は、大きく二つに分けることができます。

 一つは「臭いを出して周囲の人に迷惑をかけている」という、外に向けた問題。そしてもう一方が「自分の臭いで周りを不快にしているのではないか。それで嫌われているのではないか」と思い悩む、内面的な問題です。

 前者は症状がはっきりしているので、治療や対策を行うことで解決できます。例えば、ワキガは手術で完全に治すことができます。

 問題なのは後者です。自分の体臭を気にして私のクリニックへ来られる方の6~7割は、実は“臭わない人”なのです

 実際は臭わないのに、なぜ臭っていると思うのか? 近年、加齢臭やスメルハラスメントといった言葉が使われるようになり、体臭への意識が高まっています。そんな中、電車で隣の席の人がせき込んだり、席を移動したり、職場で人が離れたりしただけで、それが偶然にもかかわらず「自分が臭いからではないか」と思い込んでしまうことがあるのです。

 デオドラント用品を買う人のほとんどは、実は臭っていない人だともいわれています。「体臭」は、心の病気の可能性もあるのです。

次ページから読める内容

  • 自分は臭い? 体臭をチェックする方法
  • ワキガは完全に治せる。難しいのは加齢臭、ミドル脂臭、疲労臭
  • 「ミドル脂臭」は、女性に強烈な不快感を与える
  • 「疲労臭」は、しじみの味噌汁でやっつけろ
  • 実は怖い加齢臭。30~40代で臭うと病気の恐れ

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。