「クローゼットはパンパンなのに着る服がない」「育児と仕事に追われて、服のことを考える余裕がない」「断捨離したいけど、捨てるべきものが分からない」――。ワーママによくある悩みではないでしょうか。

 「クローゼット向上委員会」という名称で、多くの悩める女性の個人コンサルティングを行っている「ミランダかあちゃん」こと輪湖もなみさん。著書やファッションブログも大人気の輪湖さんに、ワーママのクローゼットの悩みを解決してもらう新連載です。毎日の服選びが時短になり、かつ楽しく、自分に自信が持てるようなワードローブづくりについて、輪湖さんに聞きます。

クローゼットに服がぎっしり、でも「着る服がない」と毎日悩む

日経DUAL編集部(以下――) はじめまして。ミランダかあちゃんさんは、「クローゼット向上委員会」という名称で、個人のクローゼットのコンサルティングをしているのですよね。

輪湖もなみさん(以下、輪湖) そうです。自分のクローゼットを「どうにかしたい」と悩んでいる女性は本当に多いです。自宅に伺って、ワードローブを拝見し、解決したい悩みを聞いて、手持ちの服でコーディネートを組み立てたり、仕分けして捨てたり、一緒に買い物したりもしています。これまで何百件と見てきましたが、皆さんやっぱり悩みは似ています。書き出してみると、こんな感じでしょうか。

よくある悩み
・クローゼットに服がぎっしり入っているのに「着る服がない」と毎日悩む
・毎日、組み合わせを考えるのが面倒
・断捨離したいけど、捨てるべきもの、残すべきものが分からない
・トレンドをどれぐらい取り入れるべきなのか迷う
・いつも無難な組み合わせが多く、気が付くと“ジミーちゃん”に

―― どれも、すごくよく分かります。育児や仕事に忙殺されていると、毎日の服選びがもはや楽しみではなく、つらいことだと感じてしまっているワーママは多いと思います。

輪湖 子育てしながら働いている女性はとにかく忙しいですよね。私もかつてそうだったのでよく分かります。新卒入社したアパレル企業で妊娠出産を経験し、0歳代から保育園に子どもを預けて復帰しました。

―― ワーママの先輩ですね。

輪湖 アパレル企業勤務なので、トレンドの服を着なくてはならないというプレッシャーはありつつ、当時は今みたいな、おしゃれな抱っこひももなかったので、おんぶひもをバッテンにかけて、毎日必死でした。でも今や娘は大学生になりました。子どもが小さいときは、自分のことになかなか手が回らないものですが、「いずれ皆さんも楽になる日が来ますよ」と声を大にして伝えたいです。

服には“賞味期限”があるという現実を受け入れて

―― クローゼットには、服がぎっしり入っている、でも「着る服がない」と毎日悩んでしまう。まず、多くの人が悩んでいるのが、これではないでしょうか。

時短になり、自分に自信が持てるワードローブの作り方とは?

次ページから読める内容

  • アパレル業界の現場を見たからこそ、言えること
  • ちょっとした理由で、服は着なくなる
  • お店も、自宅のクローゼットも法則は同じ
  • おしゃれかどうかは、量ではない

続きは日経DUAL登録会員(無料)
もしくは有料会員の方がご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
登録会員(無料)になると以下のサービスを利用できます。
  • 登録会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える登録会員限定記事をお読みいただけます。
  • 日経DUALメール
    日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。
  • 子どもの年齢別メール
    子どもの年齢別メール(未就学児、低学年、高学年)を配信します。子どもの年齢に合った新着記事やおすすめ記事をお届けします。
  • MY DUAL
    サイトトップページの「MY DUAL」の欄に、子どもの年齢に合った新着記事が表示され、最新の子育て・教育情報が格段に読みやすくなります。
  • 日経DUALフォーラム
    オンライン会議室「日経DUALフォーラム」にコメントを書き込めます。日経DUALの記事や子育て世代に関心の高いテーマについて、読者同士や編集部と意見交換できます。
  • 記事クリップ、連載フォロー
    お気に入りの記事をクリップしたり、連載をフォローしたりできます。日経DUALがさらに使いやすくなります。