自己管理ができるようになる高学年は、手帳をつけ始めるには最適な時期。「手帳をつけることを通して、目標・計画・振り返り・改善策という『PDCAサイクル』を回す習慣が身につきます。将来、人生を豊かに過ごすために必要な『自分の人生は自分でデザインする』という意識の醸成にも役立ちます」と、『小学生のための生活習慣力アップノート』を監修する、早稲田大学教職大学院教授の田中博之さんは話します。具体的な手帳のつけ方と、子どもの性格と目的に合わせた実践のアドバイスを紹介します。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) かぜを引きやすく、虫歯になりやすい 子どもの口呼吸
(2) 高学年からの手帳のススメ 1冊つけると子が成長する
(3) 高学年の手帳 自律性養うために書き込みたい5つの要素 ←今回はココ

分刻みの予定を書き込むわけではない

 子どもが手帳をつける際、大切なのは書き出していく中身です。

 「子どもが手帳をつける本質は、自律性を養うことです。タイムスケジュールに分刻みの予定を書き込むことではありません。一番大事なのは“やることリスト”をつくって振り返りをすること。自分自身で反省点を見つけて改善するという自律性は、これで養われます。手帳には、やることリストに加え、目標設定・タイムスケジュール・その日の振り返り・保護者コメントなどを書き込むことが大事です」と田中さんは話します。具体的には下の要素になります。

手帳に書き込みたい5つの要素

「目標設定」
「やることリスト」
「その日の振り返り」
「タイムスケジュール」
「保護者コメント」

 市販の手帳にはカレンダー型やバーチカルタイプなどさまざまな種類がありますが、上記の5つの要素を書き込んでいけばどれを使ってもいいのです。実際にどんなことを書き込んでいけばいいのか、次のページから解説します。

来年から「親子手帳」をスタートしてみては?(写真はイメージです)
来年から「親子手帳」をスタートしてみては?(写真はイメージです)

次ページから読める内容

  • 目標を書いて「なりたい自分」をイメージする
  • 子どものタイプに合わせて 4つの手帳活用法

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2366本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る