中学受験では、男の子・女の子それぞれの特性を大事にする別学校だけでなく、男女共に学ぶ共学校も人気を集めているようです。こうした流れに対し「共学が別学に比べ学力面で有利に働くというコンセンサスがあるわけではありません」と教育経済学の第一人者で、慶應義塾大学総合政策学部教授の中室牧子さんは話します。これから志望校を絞っていく中で親が知っておくべき、共学校・別学校の差が学力にもたらす影響について中室さんに教えてもらいました。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 中学受験期は「1日4回食」で肥満を防ぐ
(2) 共学と別学、子どもの学力を伸ばすのはどっち? ←今回はココ
(3) 志望校選び 優秀な友達に囲まれる環境本当に良い?

受験で人気の共学校。その人気の根拠は?

 11月半ば、中学受験家庭は志望校を絞っている時期でしょう。志望校選びでは、偏差値、校風、自宅からの距離などのほか、共学・別学という点も重要な検討要素の一つです。

 近年では、従来男子校・女子校だった中高一貫校が共学化に踏み切るという流れもあります。共学志向の背景にあるのは、世の中には男性と女性がいるのだから、あえて性別で分けずに男女共に学ぶ環境の方が自然だという考えです。

 こうした流れに対し、教育効果をデータ分析し科学的に検証する教育経済学の第一人者の中室牧子さんは「少なくとも学力向上に関しては、共学が別学と比べて有利に働くというコンセンサスがあるわけではない」と話します。

 「別学の公立高校を共学にするなど、共学を推進する流れがあり、受験生の親子は、確たる理由もなく『共学の方が良さそうだ』という印象を持つかもしれません 。ただ、信頼性の高い複数の学術研究は、むしろ『共学よりも別学の方が学力向上には有利に働く』と主張しています」

 次のページから、中室さんに詳しく解説してもらいます。

次ページから読める内容

  • 学力へのプラスの影響があるのは男女別学
  • 女子クラスだけに起きた成績の変化
  • 行動に影響する女性の「モテ意識」
  • 別学効果はその後も持続
  • わが子の性格を見極めた志望校選びを

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。