「断る」のが苦手という人は大人でも少なくないでしょう。高学年になると、相手の気持ちが分かったり、同調圧力を感じたり、様々な理由で低学年のころのように単純に断るという行動が難しくなります。「上手に断れないのは性格のせいではありません」と説明する法政大学大学院人文科学研究科教授の渡辺弥生さんに、自分の本心を大事にして、上手に断れる子になるために、親ができることなどについて聞きました。

【年齢別記事 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 学校内にある「同調圧力」 親はどう考えたらいい?
(2) 「空気を読む」子にしたくない 親がかけたい言葉は
(3) 友達にノーと言える?前提を知れば「上手に断れる子に」 ←今回はココ

「断る」がだんだんできなくなるのはなぜ?

 「遊ぼうよ」「ヤダー」――。1年生ぐらいの子ども同士がそのようにすっぱり断っている場面は、珍しくありません。ただ、学年が上がってくると状況は変化してきます。

 「中学年以降になると、本人の考える力がつき、対人関係も広がって、経験値を重ねることで、他者の気持ちが分かるようになります。同時に友人関係を重視する年代になるため、友達を大事にしたいと考え、小さいころのように単純に断るという行動が難しくなるわけです」。法政大学大学院人文科学研究科教授の渡辺弥生さんはそう説明します。

「明日遊ぼうぜ」 「うん」 「……」 (心の声:あ、明日は塾があるのにしまった、どうしよう)  「消しゴム貸して」 「うん」 「……」 (心の声:あれ、自分が授業中に使えなくなっちゃった、どうしよう)

 断るのが上手でない子は、本人の性格も影響しているのでしょうか。「生まれ持った気質によって個人差はあると思います。ただ、例えば引っ込み思案な気質だから『上手に断れないのは仕方ないね』と言っていると、その後の人生で困るシーンが増えるだけになってしまいます

 本来なら、生活の中で人間関係を育みながら、他者と社会で上手に関わるための技術(ソーシャルスキル)を習得していくものだと渡辺さんは言います。

 「核家族で祖父母と同居していなかったり、きょうだいが少なかったり、近所の大人との付き合いが減ったり、習い事などがあり多忙で子どもだけで遊ぶ機会が少なかったりして、以前よりそうした経験を積む機会は減っていると思います」

 上手に断れる子は、人間関係を円滑に保ちながら、自分の本心も大事にできる一方で、上手に断れない子は、悪い誘いを避けられないなどトラブルに巻き込まれる可能性もあります。次ページから、上手に断れるようになるためのソーシャルスキルトレーニングや、親が子どもに伝えておきたいことなどを渡辺さんに聞きます。

次ページから読める内容

  • 「断る=ダメなこと」なのか?
  • 「断る」に含めたい5つのポイント
  • 高学年の場合は?
  • デジタルなコミュニケーションの「断る」は?

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2129本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る