「宿題したの?」「今、やろうと思ってたのに!」。小学校高学年になると、こうしたささいなやり取りから、親子間に険悪なムードが漂うことは増えるかもしれません。「うちの子もそろそろ思春期だからね……」。親は、ついそう思いがちですが、小学校教育界で知られるカリスマ先生である、田中博史さん(筑波大学附属小学校副校長)は「『思春期だから』で片付けないほうがいい」と言います。田中さんに、思春期や反抗期との付き合い方について教えてもらいました。

【年齢別特集 高学年のママ・パパ向け】
(1) 「思春期のせい」にしないで親は自分を見直してみる ←今回はココ
(2) “親になる練習”足りていないと、思春期でこじれる
(3) 中学受験しない子の家庭学習で大切なこととは
(4) 中学受験しない子は今から高校受験を意識するべき?

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

典型的な反発の始まり方

親「勉強したの?」
子ども「うるさいな、今やろうと思っていたのに〜」

 こんなやり取りに身に覚えがある人は多いかもしれません。「典型的な反発のスタートです。台本を作れそうなくらい、よくあるやり取りですよね」と田中博史さん(筑波大学附属小学校副校長)。学校のことを何も話してくれなくなった、親の言うことにいちいち反抗するようになった――など、高学年以降の反抗期は、避けて通れない印象があります。

 ところが田中さんは、意外なことを教えてくれました。「小学校教師を38年間やっていて、もちろん高学年も受け持ってきましたが、実は幸せなことに反発されて苦労した記憶があまりないのです」

 反抗期は、「子どもが大人になるために必要なこと」というイメージがありますが、そうではないのでしょうか。「人間対人間の話なので、一般論にはできませんし、マニュアル化も無理ですが、反抗期がなかったけれども、今も幸せな親子はいっぱいいますよ

 「例えば、子どもの反応が以前と変わってしまった。すると親は、『うちの子もいよいよ思春期か……』と腫れ物に触るようになります。でも『思春期だから』で片付けないほうがいいでしょう。『思春期だから』というのは何の解決法にもなりません

<次のページからの内容>
● もし子どもに変化があったら、見直すべきは……
● 2~3歳の子どもを持つ親を見ていて気付いたこと
● 期待値が大きければ大きいほど、親は「過干渉」に
● 追いかけられているときは、逃げることしか考えられない
● 反抗期のメリットとデメリットとは

次ページから読める内容

  • もしかしてしつこ過ぎるのは自分なのかも
  • 命令がなければ、反発する必要もない
  • 追いかけられているときは、逃げることしか考えられない
  • 親の気持ちがめいって、親子関係がこじれるのはマイナス
  • 前に立つ大人のルールが変われば、子どもは変わる
  • 親子関係は社会の縮図 バランスが大事

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。