小学生のSNS利用による性被害が増えています。警視庁の資料によれば、2018(平成30)年中の統計では児童ポルノ被害の約4割が、「児童が自らを撮影した画像に伴う被害」。特に児童がだまされたり、脅されたりして自分の裸体を撮影させられた上、メールなどで送らされる被害は、小学生と高校生で増加しているそう。

こうした被害が起きないよう、内閣府や警視庁では注意喚起をしていますが、では親としてはどのように子どもたちに、「性」にまつわる犯罪・被害について教えればいいのでしょうか。公認心理師でブリーフセラピストの戸田さやかさんに聞きました。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 加害者の半数が顔見知り 子どもの性被害対策は ←今回はココ
(2) ネットの情報リテラシー 子どもにどう説明する?
(3) ゲームでネット利用する子多数 SNSなどの制限は

Q1:子どもは加害者になり得るのか?

性のトラブル、男女ともに加害・被害の対象になる

 2019年5月15日に、政府広報では「SNS利用による性被害等から子供を守るには」というサイトをオープン。「子供の性被害はどのくらい発生しているの?」「子供を性被害から守るには」「もしも被害に遭ってしまったら?」という内容がとてもよくまとまっています。

 ただこうした被害に遭わないための方法を子どもに伝える前に、まず、親が認識し、子どもに伝えておかなければならないことがあると、戸田さやかさんは言います。

 「子どもが関わる性犯罪は、大人が加害者、子どもが被害者という構図が多いのは事実です。一方で、『性のトラブル』に関しては、悪意の有無に関わらず男女ともに加害者にも、被害者にもなり得ることを、認識しておきましょう」

 多いのは、「うちは男子だから被害には遭わない。女子に何かしないかが心配」という男子の親。でも、男の子だから簡単に被害には遭わない、女の子だから加害はしないという大人の思い込みが、トラブル発覚を遅らせると言います。そう、実際には、小学校高学年の男女間で、性のトラブルは多々起きているのです。

 では具体的には、どんなトラブルが起きているのでしょうか。

※写真はイメージです
※写真はイメージです
<次のページからの内容>

● 「子ども同士の悪ふざけ」では済まない性トラブルとは?
● 子ども同士の性トラブル、自分と他人の境界線の理解が重要
● 性やSNSの知識を得ると同時に育むべきこと
● 性被害を防ぐために家庭でできることはある?
● SNSでの児童売春や児童ポルノの事案、小学生の被害が急増
● もしも、わが子が性被害に遭ったら……?

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。