小学校高学年から中学生にかけては、子どもから大人へと体が成長する時期。バストも急激に変化していきます。小4から中3までの女児や女生徒、保護者、養護教諭を対象に行うワコールの無料セミナーで講師を務める増田亜紀子さんに、ブラジャーの選び方や、気になる疑問について答えてもらいました。

【年齢別特集 小学校高学年のママ・パパ向け】
(1) 小学生もストレスは例年以上 短縮夏休みどう過ごす
(2) 進む学校のICT化 高学年が家庭で取り組むべきは
(3) トゲトゲの第二次反抗期 子との向き合い方と心構え
(4) ファーストブラ つけるタイミングと親の関わり方←今回はココ

体形変化は昔よりも早め 親の知識もアップデート

 「そろそろブラジャーが欲しいけれど、お母さんにどう伝えればいいか分からない」「クラスの友達がつけ始めたから、私もつけたほうがいいのかな」。小学校高学年となると、女の子はそんなバストに関する悩みを抱えがちです。

 親世代が子どもの頃は、ブラは中学生からというイメージがあったかもしれませんが、今は初めてつける時期は「小学校5年生」(27%)が1位で、「小学校4年生までに」(17%)、「小学校6年生」(16%)というワコールのアンケート結果があります。過半数以上が小学生のときにブラジャーデビューしているのです。

 「最近の子どもは昔の子どもに比べると発育が良い」といわれますが、データでもそれは裏付けられます。下の図は「既潮率(初潮を迎えている割合)」と「バストのふくらみの状況」を年齢別に示したグラフです。

 1980年と2014年を比較すると、12歳で既に初潮を迎えている子の割合は約20%から約50%に、11歳でバストのふくらみが見られる子の割合は約45%から約75%に増えています。親世代と比べてバストの変化が早く起きていることが分かります。

資料提供/ワコール人間科学研究所
資料提供/ワコール人間科学研究所

 バストの成長は初潮の時期と深く関わっており、そのタイミングには1年ほどズレがあります。初潮が来たときには、すでに胸の変化が始まっているのです

 「個人差はありますが、お子さんが10歳を過ぎたあたりから気をつけて見てあげれば、バストの変化を見逃さずにファーストブラを用意してあげられます」と増田さんは話します。

 初潮を挟んだ前後4年間でバストは成長するそうです。「うちの子はまだ小学生だからブラは早い」ではなく、親も知識をアップデートしましょう。

次ページから読める内容

  • 子どもがブラを嫌がったら? ジュニア用ブラQ&A
  • ファーストブラを用意しやすい状況を作るには

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2054本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る