小学校高学年になると、子どもは子ども同士の世界が出来上がっていくもの。もしわが子が、親が気づかぬうちにいじめの加害者になっていたら…。そんな不安を抱えたことはありませんか?わが子をいじめっ子にしないために、どのような家庭教育をすればいいのでしょうか。

全国からさまざまないじめに関する相談を受け付けている全国webカウンセリング協議会の理事長・安川雅史さんに話を聞きました。

【年齢別特集 小学校高学年ママ・パパ向け】
(1) わが子が「いじめっ子・傍観者」にならないために ←今回はココ
(2) 「衝動的にネットに書き込まない」を子どもに伝える
(3) 必要な学校プリントがすぐに出てくる収納テク
(4) 佐藤ママ直伝 塾のテスト・教材整理のコツ

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

いじめは、いじめっ子の劣等感をごまかすため

 「子どものいじめ」という言葉を聞いたときに、多くのお父さんお母さんは「わが子がいじめれられたらどうしよう」と考えるかもしれません。でも、もしかすると親が気づかないうちに、わが子が「いじめる側」や、「いじめを見て見ぬ振りをする」側に回っていたとしたら…?

 

 全国webカウンセリング協議会の理事長・安川雅史さんは、「人間は誰でも攻撃性を持っています。これは大人にも子どもにも当てはまります。誰かを攻撃したりいじめたりすることで、不満やストレスを解消したり、自分の劣等感をごまかすのです」といいます。いじめっ子の背景には本人の不満やストレス、劣等感があるということです。また、いじめを傍観する子どもは、「自分にいじめの矛先が向かうことを恐れて、自己防衛のために傍観をしている」といいます。

 小学校高学年ともなると、学校や塾で忙しく、不満やストレスをためてしまっている子もいるでしょう。しかし、すべての子どもがいじめっ子や、いじめを傍観する側に回るわけではありません。いじめっ子側になる子の傾向はあるのでしょうか

<次のページからの内容>

●いじめは「無関心」が問題
●親の人間関係が子どもの人間関係につながる
●夫婦関係の良さも関係する
●言葉のキャッチボールをしよう
●悪いことをしたらきちんと叱る

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。