これからはプログラミングなど理系の知識やスキルが大切…そう言われるようになったけれど、文系で育った親としてはどうすればいいのかよく分からない。そういう人は少なくないのではないでしょうか。

 前回に引き続き、ITジャーナリストの高橋暁子さんに「親子で一緒に学べる」ような家庭プログラミング教材について教えてもらいました。

【年齢別特集 小学校高学年ママ・パパ向け】
(1) IT教育最前線 プログラミング必修化でこう変わる
(2) 親子で学ぶプログラミング 親こそ必要な学び直し ←今回はココ
(3) わが子は中学受験向き? 進路、学校選びの考え方
(4) 「共働き家庭率」で考える中学受験 親の負担に違い

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

文系の親でも大丈夫! 無料の教材も紹介

 2020年度、プログラミング教育が小学校で必修になる。デジタル全盛の現代で活躍できる素地を育むだけでなく、論理的思考力なども身に付くと言われている。

 プログラミング教育は、学校だけに任せるのではなく、家庭でも取り組むことでその効果はより高まる。プログラミングと聞くだけで腰が引けてしまうママ、パパもいるかもしれないが、せっかくの機会なので、親子でプログラミング学習に取り組んでみるのはいかがだろうか。

 筆者も子どもが現在小学3年生であり、1年生のころから家庭でプログラミング教育に取り組んできた。筆者はプログラマーではなく、知識やスキルもないため最初は不安だったが、今のところは一緒に学ぶことができている。

 記事の後半では、筆者が子どもと実際に利用した、無料のものを含めたプログラミング教材を6つ、ご紹介するので、参考にしていただけると幸いだ。

子どもが家庭でパソコンに触れる意義

 家で触るものといえばもっぱらスマホかタブレット、という家庭も少なくないかもしれない。しかし、プログラミングの教材はタブレットなどで利用できるものもあるが、パソコンが使えるとより選択肢が増える。パソコンが家庭にあることで、子どもができることも広がるはずだ。

<次のページからの内容>
● “分からない”親が子どもに教えるコツ
● 大人がこれからプログラミングを勉強する効果とメリット
● 家庭でできるプログラミング教材おすすめ6本を紹介。無料から有料まで
● 「プログラミングって面白い!」となったら教室を探そう

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。