「起きないと遅刻するよ」「寒いから上着を着ていきなさい」「宿題したの?」……。子育て中の家庭でよく耳にする言葉ですが、こうした言葉がけは、どこまでが適切で、どこからが過保護・過干渉になるのでしょうか。過保護・過干渉にならないために親が気をつけるべきこととは? 上編(今回)と下編「脱・過保護 子に任せるタイミング知る3つのステップ」の2本立てでお届けします。

【年齢別記事 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1) 【上編】低学年の親が陥りやすい過保護、忙しい親は要注意 ←今回はココ
(2) 【下編】脱・過保護 子に任せるタイミング知る3つのステップ
(3) ケンカ、席替え…学校生活への親の口出しどこまで?
(4)  子どもの筆圧低下 問題点と解決のヒント

低学年の親は過保護になりがち?

 小学生になると、子どもは自分でできることがどんどん増えていきます。そんな子の成長を頼もしく思う一方で、「心配だから」と、つい手や口を出したくなることも少なくないでしょう。

 「子を思えばこそいろいろとやってあげたい気持ちはよく分かります。子育てでは子どもを保護することや適切な干渉は必要です。もちろん低学年であればまだまだやってあげることも多いでしょう。けれども、それがある一線を越えると過保護や過干渉になってしまいます」と話すのは、臨床心理士で、学校心理士スーパーバイザーとして学校現場で親子や教師の相談に応じている東海大学教授の芳川玲子さんです。

 「過保護と過干渉は異なるものですが、どちらも、子どもの大事な育ちの機会を奪うことにつながるので、避けなくてはなりません。中でも、低学年の子の親が陥りやすいのが過保護です」と芳川さん。言語能力が発達段階の低学年のうちは、「自分の考えや意見を言葉で表現できないことは、自分で判断したり行ったりする能力も十分ではない」と親が誤解をし、「まだ幼くてしっかり考えられないのだから、私がやってあげなくては」と過保護になってしまう傾向があるのだそうです。

 親の行為が、適切な養育に当たる「保護」「干渉」か、それともある一線を越えた「過保護」「過干渉」に当たるかは、それぞれにおいて線引きがあると言います。

 上編ではそうした線引きや過保護と過干渉の違いについて、下編では低学年の子どもへの適切な関わり方について、詳しく聞いていきます。

次ページから読める内容

  • 過保護が子の成長のチャンスを奪う
  • 忙しい共働きは子どもが自分で動ける工夫を
  • 自我が出てきたら過干渉に注意

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2313本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る