「算数ができる子どもは幸せになる」(宮本哲也先生)、「算数ができる子は賢い」(陰山英男先生)というお二人の先生に、その理由や算数ができるようになるためのコツを伺ってきました。もちろん、楽しめる問題を用意してあげたり、頭の中に計算のショートカットを作るようにしたりすることは重要なのですが、小学校低学年となると、まず「時間を意識させる」ことが大変だったりしますよね。家に帰ってからランドセルの中を確認しようともせず、なかなか翌日の準備ができない。ましてや宿題など、全く取り組む気配がなく、寝る直前に親に叱られて泣きながらやる……。

 どうしたら、「なかなか宿題(勉強)に取り組まない子」は勉強に取り掛かりやすくなるのでしょうか。「いつまでにこれをやる!」というスケジュール感覚を身に付けるためには?

 公立小学校で23年間、教師を務めた経験からメルマガ「『親力』で決まる子供の将来」を発行する教育評論家、親野智可等さんにコツを聞きました。

【年齢別特集 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1) 算数ができる子は幸せになる! 2大禁止項目とは
(2) 陰山先生直伝! 百ます計算・徹底反復の本当の意味
(3) なかなか宿題しない低学年は“とりあえず方式”が効く ←今回はココ!
(4) 単純計算でウオーミングアップし勉強スイッチ入れる

 子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

“とりあえず準備方式”を取り入れよう

 小学校低学年のうちは、なかなか自分で時間を管理するということができないものですよね。寝る直前になって「どうして明日の宿題がまだ終わってないの!」と叱る親御さんも多いかもしれません。

 ところが「どんなに叱ったって改善されません」と親野先生。叱るより、まずは子どもが勉強に取り掛かりやすくするために、“とりあえず準備方式”“とりあえず1問方式”を取り入れることを勧めています。

 例えばある低学年の男子がいるご家庭では、玄関にランドセルが2つ入るくらいの、深さ5~6センチメートルの広くて浅い箱を用意し、学校から帰ってきたら遊びに行く前にその箱の中にカバンの中身を全部出すように約束しました。それだけすれば遊びに行けるので、子どもは約束を守り、箱の中には算数の宿題プリントも、書き取りドリルも、筆記用具も全部出た状態になりました。「結果、子どもは遊びから帰ってきたときに、宿題のプリントなどが目に入って、手に取りやすくなったんですね。全部、箱の中に中身が出ているので手に取りやすい。そして、宿題に取り掛かりやすくなったという好例です」と親野先生。これが、“とりあえず準備方式”の一例です。

 ランドセルを開けることすら面倒臭がる子どもも、中身が一目瞭然になれば、やるべきことが見える化でき、取り掛かりやすくなる。とりあえず準備することで、次のステップに進みやすくなるわけです。

 また、勉強に取り掛かりやすくする工夫としてもう一つおすすめな“とりあえず1問方式”は、例えば、算数ドリルの宿題をやらないというのであれば、「1問だけやったら、遊んでいいよ」と言うというもの。「『1問だけやればいい』とは言うのですが、やり始めると、当然、宿題の全体が目に入ります。すると、漠然とではありますが、子ども自身、見通しがつくようになるのです」と親野先生。こちらもやはり、宿題の全体量がどれくらいかなど、やるべきことの見える化ができることが大きく、「ある程度の見通しがついていると、本格的に取り掛かるときのハードルがグンと下がります」と言います。

 そして子どもは当然ながら人生経験が少ないので、自分で見通しを立てるのは至難の業なので、「そこを親がうまくサポートしてあげることが肝心です」とも。

 “とりあえず準備方式”と“とりあえず1問方式”は、夏休みや冬休みなどの長期休暇にも有効で、例えば、朝ごはんの後に勉強すると決めたのであれば、朝ごはんの前にとりあえず、勉強の準備をしておく。あるいは、1問やっておくようにすると、これによって、徐々に勉強の習慣が身に付いてくると言います。

<次のページからの内容>
● “模擬時計”で時間を意識できるように見える化
● 模擬時計は、親子で一緒に作る
● スケジュール管理能力を高めるホワイトボード活用術
● 時間管理術は“人生の質”にも直結

次ページから読める内容

  • アナログ時計の横に貼る、“模擬時計”が勉強にも生活にも効く
  • スケジュール管理能力を高めるために、ホワイトボードを活用する

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。