1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/小学校低学年
  5. 「子育てがいつまでもつらい」低学年ママへ

「子育てがいつまでもつらい」低学年ママへ

今すぐできる、ママが生きやすくなる新しいマインドセット


子どもが小学校に上がり、周囲からは「子育てはずいぶん楽になったのでは」と思われているものの、実際のところ、全然楽になっておらず、ますますつらいと感じるママもいます。その大きな原因が、「もう小学生なのだから、勉強もサポートしなければいけないし、子どもを自立させなければならない。まだまだ私が頑張らなくては」などと、新たな課題を設定し、使命感を持って、1人で頑張ってしまっていることが挙げられるようです。こんな、真面目で頑張りすぎるママが毎日を生きやすくなるには、どうしたらいいのでしょうか。すぐできるマインドセットの方法を、武庫川女子大学教授の倉石哲也さんに聞きました。

【年齢別記事 小学校低学年のママ・パパ向け
ほかの記事は下記でチェック!】

◆これまでの記事一覧はコチラ
◆2022年11月の記事はコチラ

孤軍奮闘は今すぐやめよう

 もう未就学児ではないのに、いまだに子育てが楽にならない……と悩んでいませんか。小学校に上がっても、しつけや習い事・塾の送迎、学校の勉強のサポートなど、親の負担は小さくなく、内容も高度化していきます。「ここで手を抜くと子どもがちゃんと育たないのでは」「子どもの将来に影響が出るのでは」と、子どもが未就学児だったころ以上に頑張り、疲れ切っている人もいるのではないでしょうか。武庫川女子大学教授の倉石哲也さんは「一番良くないのは、あれもこれもと自分で抱え込み、孤軍奮闘することです」と言います。

 「日本では自己責任論が強すぎ、親が何でも自分でうまくやらなければいけない、失敗したら自分のせい、と思ってしまうことも原因ではないかと思います。そんな呪縛から逃れるために、一度肩の荷を下ろしてはどうでしょうか」

 でも、その肩の荷の下ろし方が分からない……という場合、いったいどうすればいいのでしょうか。そんな悩める低学年の子を持つママを楽にするマインドセットを紹介します。

詳しくチェック!
・小学生の子育てこそパパの出番 その理由は
・子育ての「優先度」、どう変える?
・着目すべきは子どもの呼吸
・子どもに○○○を渡す、「できない」ことを○○

次ページから読める内容

  • 小学校行事、ママ任せで負担増に
  • 親のピリピリした雰囲気は子どもに伝わる
  • 子育てにマニュアルを持ち込まない

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
12月中学受験セミナー
WOMANEXPO2022冬アーカイブ