読書好きな子になってほしい――そう思う親は少なくありません。考える力をつけるためには「物語文」だけでなく、「説明文」にも低学年から少しずつ触れさせるといいと作文教室「言葉の森」代表の中根克明さんは言います。説明文の面白さを子どもに伝えるために親が知っておきたいこと、家庭でできること、お薦めの本などについて聞きました。

【年齢別記事 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1) 低学年 説明文の本こそ読み聞かせ 論理的に考える力を ←今回はココ
(2) 算数の図形 低学年のうちに「苦手意識」を持たせない
(3) 低学年娘の目に余るパパへの態度 ママはどうすれば?

低学年から「説明文」に親しむメリット

 「読むことが好きになるために最も大切なのは低学年の時期です」。そう話す中根克明さんは作文教室を開講し、約40年間、多くの子どもたちに読解力や作文などについて教えてきました。低学年の時期にたくさん読書をすることが、「後伸び」できる頭の土台をつくると中根さんは言います。

 ではどんな本でもいいのでしょうか。「読書好きにするためには、子ども自身が面白いと感じる本をたくさん読むことは大前提です」と中根さん。ただ、物語(物語文)だけでなく、低学年から少しずつ、説明的な文章(説明文)の面白さに気付かせてあげることを中根さんは提案しています。

 説明文とは、自然科学、社会科学、人文科学、人生論などの本のこと。「一昔前は、児童向けの本といえば物語文中心で、説明文の本は少なかったのですが、最近は増えています。説明的な文章が載っている本、と理解してもらえばいいと思います」

 説明文の読書はなぜ大事なのでしょうか。「漢字の書き取りや足し算引き算などの低学年の勉強は、単純な知識のつながりを覚えるもので、勉強すれば成績は上がりますが、論理的に複雑に考える作業をしているわけではないため、『低学年で成績が良い=考える力がついた』とは必ずしもいえません。

 説明文は、『これがこうなるのは○○という理由からです』『○○なので、○○になった』『その方法は○○です』など文章が論理的に進みます。低学年のうちから、理由、原因、方法、対策などが書かれた説明文を読み、論理のつながりを理解しようと文章を追っていると、論理的に考えられるようになります

 説明文の面白さを低学年から知ることはさまざまなメリットがあると指摘する中根さんに、親が知っておきたいこと、家庭でできる3つのポイント、お薦めの本などについて、次ページから聞きます。読書好きにするためにこの時期に気を付けたいことも紹介します。

説明文の面白さを子どもに伝えよう! 家庭でできる3つのポイント  (1)説明文の本こそ親が読み聞かせする (2)読んだ内容を現実の世界につなげる (3)子どもの関心が強いジャンルの本を選ぶ

次ページから読める内容

  • 低学年で説明文を読んでいた子は、その後も……
  • 説明文を自力で読むためには
  • 「知的な喜び」と「表面的な楽しさ」 2つの要素
  • 現実とつなげやすい説明文のお薦め本
  • 読書好きにするために家庭で気を付けたいこと

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2313本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る