食欲の秋が到来しました。食事は日々の楽しみである半面、子育て中の親にとっては悩みの種である場合も。子どもの食が細かったり、食べ過ぎたりする場合、「このままでは栄養が偏ってしまうのでは?」「肥満になってしまうのでは」などと頭を抱えている人もいるでしょう。成長期であるわが子に、適正な量の食事を取らせるにはどうしたらいいのでしょう。小学生を対象とした親子の食育プログラムなども行っている露久保美夏さんに聞きました。2回に分けてお伝えします。今回は「食が細い」悩みに対するアドバイスです。

【年齢別特集 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1) 漢字の苦手な低学年が変わる タイプ別学習法とは?
(2) 低学年の「食が細い」問題 5つの原因と対策 ←今回はココ
(3) 子の食べ過ぎ 無理なく改善する3つのアプローチ

「もっと食べなさい」と強制するのは逆効果に

 「少し食べたら、すぐおなかいっぱいといって食べるのをやめてしまう」「他の子に比べて、食べる量が明らかに少ない」など、子どもの「食の細さ」に悩んでいる人は少なくありません。小学校低学年では、自身でその理由をうまく言葉にできないことが多いため、親は不安を膨らませてしまいがちです。

 せっかく食事を用意しても子どもがしっかり食べない場合、親は栄養不足やカロリー不足が気になり、「どうしてちゃんと食べないの」と、半ば強制的に食べさせようとしてしまうかもしれません。しかし、「勉強と同じで、強制すればするほど、子どもは嫌になるもの。そうした対応は逆効果でしかない」と、東洋大学食環境科学部食環境科学科准教授の露久保美夏さんは警鐘を鳴らします。

 露久保さんによると、低学年の子どもの食が細い原因として、考えられる主なものは大きく5つ。原因によって、親が心掛けたい注意点や工夫が異なるといいます。次ページから具体的に解説してもらいます。

詳細は次ページから!
詳細は次ページから!

次ページから読める内容

  • 原因を特定するため、子どもの言動をじっくり観察
  • 「嫌い」はあってもいい。「好き」なものを増やしていこう
  • 健全な食欲のサイクルを取り戻すために親にできることは?

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2091本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る