1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/小学校低学年
  5. 低学年 苦手克服と「勉強嫌いの阻止」どう両立?

低学年 苦手克服と「勉強嫌いの阻止」どう両立?

算数教育家・中学受験カウンセラーの安浪京子さんが、低学年の勉強に寄り添う4つのポイントを優先順位を付けて解説


低学年の学習内容はどの科目も基本的なことが中心です。それでもつまずいてしまう子が少なくありません。親の中には「低学年からつまずいていては不安」「こんな調子でこの先大丈夫なのだろうか?」などと気に病んでしまう人もいるでしょう。親はこうしたつまずきをどう捉え、どのようにわが子の学習に寄り添っていけばよいのでしょう。算数教育家で中学受験カウンセラーの安浪京子さんに話を聞きました。

【年齢別記事 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1) 低学年 苦手克服と「勉強嫌いの阻止」どう両立? ←今回はココ
(2) 年齢の割に幼い子、原因は親の過干渉それとも気質?
(3) 子が辞書引きを面倒くさがる その場で教えてもいい?
(4) 「すごい?」を連発 子の承認欲求どこまで満たす?

算数は演習量が必要、でも嫌がる場合は?

 「低学年で学習する内容はどれも基本的なものですが、子どもによっては時計の読み方、かさや長さなどの単位換算など、苦手な分野がある子もいます。その場合、親は心配ですよね」。そう話すのは、算数教育家で、中学受験にもくわしい安浪京子さんです。安浪さんは小学校5年生の子どもの母親でもあります。

 安浪さんによると、そもそも算数を学ぶ上で基本となるのが演習量だそう。

 「算数は学校で習って理解できても、そのままにしておくと忘れてしまうため、演習を繰り返して、解き方を体に染み込ませていくことが必要な科目です。低学年の算数は基本的な内容がメインですが、それでも理解の定着のためには、問題量をこなさなければなりません」

 その一方で、低学年の場合は「勉強嫌いにさせないこと」も大事だと安浪さん。

 「苦手な分野だから理解させなくてはと、親が隣に張りついてドリルをやらせても、子どもはなかなか理解できず、そのうちグズグズしてしまうかもしれません。すると親も次第にイライラしてしまい、親子ゲンカになってしまう……というパターンも少なくないですよね。でもこれでは子どもは勉強が楽しくないどころか嫌になってしまいます」

 親が低学年の子どもの算数をサポートする際には、演習量をこなさせることと、勉強嫌いにさせないことのどちらを優先すべきなのでしょうか? 仮に勉強嫌いにさせないことを優先させる場合、苦手な単元はどのようにキャッチアップすればいいのでしょう?

 安浪さんに、親が低学年の子どもの勉強に寄り添うための考え方やポイント、そして後伸びするため低学年のうちに大事にすべきことについて教えてもらいます。

次ページから読める内容

  • 優先順位の一番にくるのは?
  • できてないことの指摘は1つだけに
  • ペーパー上だけで理解させようとしない
  • 後伸びするために低学年のうちに身に付けるべきこと
  • 「式」を立てられない子に足りないのは

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
12月中学受験セミナー
WOMANEXPO2022冬アーカイブ

安浪 京子 算数教育家/中学受験専門カウンセラー/アートオブエデュケーション代表取締役
安浪 京子 神戸大学発達科学部卒。プロ家庭教師歴20年以上。きめ細かい指導とメンタルフォローをモットーに毎年多数の合格者を輩出している。『きょうこ先生のはじめまして受験算数』(朝日学生新聞社)、『中学受験 6年生からの大逆転メソッド』(文藝春秋)『カリスマ家庭教師が秘策を伝授!中学受験「算数」教え方のコツ』(PHP研究所)ほか著書、連載、授業動画多数。毎月、「オンライン中学受験カフェ」でさまざまな相談に回答。インスタにて日々の授業ノートを更新、Voicyにて『きょうこ先生の「教育何でも相談室」』を放送中。

…続きを読む