小学校に上がると、いろいろなタイプの子どもがいて驚くもの。「自己主張の強い子にやられっぱなし」という自己主張の弱いわが子が心配で、どうしたらよいかと悩んでいるご家庭もあるでしょう。逆に、「わが子の自己主張が強すぎて、友達を困らせているかも…」と気になっている方もいるかもしれません。そこで今回は、自己主張が弱い子、強い子それぞれの対応法について、30年以上の小学校教諭経験があり、現在は「親塾」を各地で開催し、『学校と一緒に安心して子どもを育てる本』(小学館)等の著書がある、追手門学院小学校講師の多賀一郎さんにお話をうかがいました。今回は「自己主張が弱すぎの子」編です。

【年齢別特集 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1) うちの子自己主張弱すぎ? 親ができることは? ←今回はココ
(2) 自己主張強すぎるわが子、先生に呼び出されたら?
(3) 低学年からの塾通いに「ため期」逃がすリスク

自己主張の弱い子は、放置すればずっと弱いままのことも

 「小学校低学年のうちは、自己主張が強い・弱いというお悩みは、ほとんどが対処できる範囲内のことが多いので、それほど気にすることはありません。低学年であれば、問題はそれほど根深くなく、保護者の目も届きやすいからです」と、多賀一郎さん。

 「ところが、その問題を小学校高学年や中学生になるまで引きずってしまうと、大きな問題になります。問題がこじれ、さらには親の目が届かなくなり、対処が困難になるケースが増えるからです。自己主張の弱い子は、ずっと弱い傾向があります。ぜひ、低学年のうちに、強い子に立ち向かっていけるような対応法を練習しておきたいところ。その素地を作っておけるのが、小学校低学年という時期です」(多賀さん、以下同)

 学校で起きた問題は、その子の親に伝えるよりも、「連絡帳などを使って、学校の先生に相談する」のが最初の手、と多賀さんは言います。

学校で起きている問題の場合は、まず連絡帳などを使って、学校の先生に相談を(写真はイメージ)
学校で起きている問題の場合は、まず連絡帳などを使って、学校の先生に相談を(写真はイメージ)

次ページから読める内容

  • 連絡帳に最初に書くべき内容とは?
  • 先生に相談することを子どもに言う?言わない?
  • 先生を巻き込む場合にはリスクの覚悟も
  • わが子が家で本音を言える雰囲気作りのコツは?
  • 強い子にやられっぱなしのわが子にどう声かけすれば?
  • 自己主張が弱い子にならないようにするには?
  • 褒めっぱなしは弊害大。褒めると同時にやるべきことは?
  • 性格を変えさせようとするのはNG。いい面をとらえて引き伸ばしていく

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。