日経xwoman秋のオンラインセミナー祭り2022開催

  1. 日経xwomanトップ
  2. DUAL
  3. 子育て・教育
  4. 年齢別特集/小学校低学年
  5. 「乱暴なあの子と遊んじゃダメ」と親が言うのはNG?

「乱暴なあの子と遊んじゃダメ」と親が言うのはNG?

わが子がケガさせられた・させた。親の正しい対応とは? 再発防止のためにできること


小学校低学年ともなると、保育園の頃とは違い、遊び方もダイナミックになってきます。そうなると起こりがちなのが、わが子が友達に「ケガをさせられた」「ケガをさせた」というトラブル。そんなときにどうすればいいのでしょうか。公立小学校 に22年間勤務して児童と関わってきた経験を持つ、帝京平成大学人文社会学部児童学科講師の鈴木邦明さんに聞きました。

【年齢別記事 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1) 夏の宿題 読書感想文も自由研究もしくみ化で解決
(2) 「不安先行型の親」がはまりがちな落とし穴は
(3) 「乱暴なあの子と遊んじゃダメ」と親が言うのはNG? ←今回はココ
(4) 延々と続くわが子のおしゃべり 聞き流すのはNG?

ケガを「させられた」「させた」は表裏一体

 学校での休み時間や放課後など、わが子が友達に「ケガをさせられた」「ケガをさせてしまった」というトラブルが起き、ドキッとしたことはないでしょうか。

 学校から連絡があれば詳しい状況が分かるものの、子どもの話だけでは要領を得ず、どういう経緯だったのか、ケガの治療費などはどうするのか、相手の親との話し合いは──などと、対応に頭を悩ませた人もいるかもしれません。

 公立小学校 に22年間勤務し、児童と関わってきた帝京平成大学人文社会学部児童学科講師の鈴木邦明さんは、「わが子が『ケガをさせられた』『ケガをさせた』は表裏一体の問題です」と言います。

 「トラブルが起きたときに『わが子が傷つけられた』と怒りにまかせて突発的な行動をしたり、『まさか、うちの子が』と動揺してきちんと謝罪しなかったりすることのないよう、どちらの立場にもなり得るということを意識しておきましょう。どう対応すべきか、順序とポイントを知っておくと、いざという時に役立ちます」

 また、同じトラブルが繰り返されないように、「あの子は乱暴だから、もう遊んじゃダメ」などとわが子に言いたくなるかもしれませんが、ここにも注意点があるようです。それでは早速、詳しく見ていきましょう。

詳しくチェック!
・わが子がケガをさせられた! 親がまず取るべき行動は?
・「学校は責任外」の場合も
・口を出しすぎるとモンスターペアレントと思われる?
・「あんな乱暴な子と遊んじゃダメ」と言ってもいい?
・わが子の危険センサーを働かせるためには?
・わが子がケガをさせてしまったら?

次ページから読める内容

  • 親がまず取るべき行動とは?
  • 学校の責任はどこまで?
  • 法的措置よりも先にすべきことは?
  • わが子の危険センサーを働かせるためには?
  • わが子が誰かにケガをさせたら?
  • 再発防止のためには

続きは、日経xwoman有料会員の方がご覧いただけます

ログインはこちら
もっと見る
9月中学受験セミナー
日経xwoman秋割2022