弱視の場合、眼鏡の常用が必須ですが、眼鏡を嫌がる子も少なくありません。どうすれば嫌がる子に眼鏡を着用させることができるのでしょう。遠視性の弱視で眼鏡をかけ始めて以来、そのかわいらしい姿が話題を呼び、雑誌やテレビ、CMなどで活躍する8歳の双子のキッズモデル、りんか&あんなちゃんの母、matsukoさんに話を聞きました。

【年齢別特集 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1) 子ども眼鏡 弱視には必須、近視では慎重に
(2) りんか&あんなの母 子が自信持つ矯正用眼鏡の工夫 ←今回はココ
(3) コロナ休校の新1年生「勉強楽しみ」の気持ち大切に
(4) 新小1 コロナ休校中は時間割作り「学校ごっこ」を

必要なのは眼鏡を肯定しながら寄り添う努力

 「この眼鏡をかけてね」といくら伝えても、子どもが嫌がる。もしくはどうも学校でこっそり外してしまっているみたいという場合、親はどうしたらいいのでしょうか。

 特に前回の記事にもある通り、弱視の子の場合、眼鏡でしっかり視力矯正することが治療の基本。一般的に9歳前後といわれる治療リミットまで、眼鏡を常用し、矯正視力で1.0が見えるよう、脳の視覚中枢を刺激する必要があります。

 「単に『眼鏡をかけなさい』と言うのではなく、親がおそろいの眼鏡を着用するなど、眼鏡を肯定しながら寄り添う努力が必要です」と話すのは、双子のキッズモデル、りんか&あんなちゃんの母親であるmatsukoさん。

 3歳で弱視と診断されたりんか&あんなちゃんは、眼鏡をファッションの一部としてかわいく取り入れ、子ども眼鏡のイメージを大きく変えている存在。そんなりんか&あんなちゃんの眼鏡スタイルを世に広めているmatsukoさんは、「眼鏡でも『かわいい』と自信を持つことができれば、かけてくれます。親がすべきはそのための工夫です」と話します。

 次のページからmatsukoさんが実際に行い、効果を実感しているポイントについて詳しく解説してもらいます。

次ページから読める内容

  • だて眼鏡と勘違いされるオシャレ眼鏡を
  • ピンときたのは黒縁の少し大きな眼鏡
  • 写真撮影で眼鏡を外させてはダメな理由とは?
  • 子ども用フレームなぜ色とりどりなものばかり?
  • 眼鏡とボーダーは相性抜群
  • ディズニープリンセスに眼鏡を

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2077本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る