子どもが小学校に入ると、「お小遣い、そろそろ考えたいな…」と思う保護者も多いことでしょう。でも、「お小遣いはいくら?」「マネー教育はどうやって進めたらいい?」と悩むもの。そんな、小学校低学年のお子さんがいるデュアラーの皆さんに向けて、保護者が意識したい「マネー教育」についてお伝えします。

【年齢別特集 小学校低学年のママ・パパ向け】
(1)新学期のスケジュール管理 寝る時間、宿題時間
(2)小学校PTA 積極参加、しぶしぶ参加?ノルマは?
(3)PTA 「子どものため」が呪縛になっている
(4)お小遣いの金額よりも「お金を使う経験」が大事 ←今回はココ

子どもの成長に伴い、ママやパパが抱く育児の喜びや悩み、知りたいテーマは少しずつ変化していくものです。「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。

 ひと昔前までは、「小さな子どもにお金の話をするなんて…」と、お金の話題は避ける風潮にありました。お年玉やお祝い金をもらったら、「お母さんが銀行に預けておくからね」と、半ば没収状態(?)だったというデュアラーの方もいるかもしれません。

 ところが最近は、「できるだけ早いうちからお金の話を始めて、マネーリテラシーを身に付けさせたい」という家庭も増えています。「子どもにお金の管理ができるようになってほしい」「自分でしっかり稼げる子になってほしい」「少しでも経済のことを知ってほしい」と、子どもに自立を求める人が増えているのかもしれません。

 とはいっても、共働きで日々忙しく、最近は電子マネーを使う機会が増え、子どものマネー教育といっても、「お小遣いをどうしよう…」といったところから立ち止まってしまいそうです。

親子の会話の中で、少しずつお金について学んでいく

 マネー教育&一時預かり専門の託児施設を運営している、アップストリーム・エデュケーション株式会社代表取締役の鈴木万久美さんは「いきなりお小遣いを渡す前に、親子の会話の中で少しずつお金について考えるのがおすすめ」と話します。

 「そもそも子どもはお金を使ったことがないので、ペットボトルの水が1本何円かが分かりません。水にはサントリーの水もあれば、ボルヴィックの水もあるということも知りませんし、値段がモノによって違うことをまだ知らないんですね。そこで、まずはモノの金額がそれぞれ違うことと、お金の使い方を学ぶために、ゆっくり知っていくことが大事です

 鈴木さんは、学童や塾などで、小学校低学年や高学年のお子さんに、金融リテラシーを学ぶ場を提供しています。

 「それぞれの金額が違うことを学ぶために、小学校低学年のお子さんに行っているのが『動物園を作ろう』というゲームです。どんな動物を選んで、どのように楽しい動物園を作りたいかを考えてもらいます。子どもたちは動物のリストを見ながら、『ゾウが欲しい』『ライオンがいいな』『ウサギは3匹、ペンギンを5匹』と考えます。次に、『ゾウは1000円、ライオンは500円、ウサギは100円』などと、それぞれの値段を伝えます。そして、1カ月当たり使える金額を500円と決めます。すると、『ウサギが欲しいけど、2匹しか買えない』という子もいれば、『ゾウは1000円するから、今月は我慢しよう』という子など、お金の使い方やため方を考えるようになります。そうやって楽しみながら、モノには値段があり、使い方やため方が大事だということを学んでいきます」

 世界にはたくさんの通貨があることも、小さい子どもはなかなか知る機会がありません。

 「『世界にはどんなお金があると思う? みんな円でジュースを買うよね? アメリカに行くと、この日本のお金は使えるかな?』と聞いてみます。『ううん』と言う子もいたり、黙ってしまう子もいたり。中には『ドル!』と言う子もいるのですが、『では、中国はどうかな?』と聞くと、答えに詰まります。そこで、トランプのゲームをします」

そもそも子どもはお金を使ったことがないと、ペットボトルの水がいくらかさえも知らないのが普通
<次のページからの内容>
● オリンピックの話題から、会社について知るきっかけに
● お小遣いを始める前に、“お金を使うこと”から学ぶ
● 家に帰ったらお小遣い帳をつけよう
● 電子マネーは使ってもいい?
● たくさんお年玉をもらったら、分けて管理を
● “使う”“ためる”以外にも使い方があることを教えよう

次ページから読める内容

  • オリンピックの話題から、会社について知るきっかけに
  • 小学校低学年の子ども……お小遣いはどうやって考える?
  • まずは子どもが自分のお金を使う経験が大事
  • お年玉などは、子どもが見えない場所に移しても
  • 先回りをして株投資を教える前に、身の回りのお金から学んでいきたい

続きは日経DUAL有料会員の方のみ
ご利用いただけます。

日経DUAL会員とは?
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。