お菓子ばかり食べて、ご飯をしっかり食べてくれない。お菓子を取り上げると泣いてしまう…。こうした子どもの「お菓子問題」に悩んでいる親は少なくないでしょう。食育に力を入れるさくらしんまち保育園(東京都世田谷区)の施設長・小嶋泰輔さんに、親の対処法を聞きました。

【年齢別記事 保育園のママ・パパ向け】
(1) 未就学児の食事マナーは、叱るよりも褒めて伝える
(2) 食が細い、好き嫌い…「適量食べ切る」経験で自信育もう
(3) 子のお菓子食べ過ぎ問題、無理のない3ステップで解決へ ←今回はココ
(4) 注意したい子どもの3つのせき 特徴と受診目安は?

 子どもは保育園から帰宅し、少し疲れて小腹がすいた時間などにお菓子を食べたがることも。「夕飯が食べられなくなるから本当はお菓子を与えたくないけど、泣くから仕方なくあげてしまっている」という共働き親は少なくないでしょう。

 食育に力を入れ、「園児が給食を残さない保育園」と言われるさくらしんまち保育園の施設長の小嶋泰輔さんは、「子どもがお菓子をまったく食べないようにするのは難しい。それほど、子どもにとって、お菓子は魅力的なものです」と言います。

 「ただ、ちょっとした工夫で子どもが食べるお菓子の量は減らすことができますし、与える時間も調整できます。うまくいけば、お菓子は親子のコミュニケーションの潤滑油になります。子どもが適切な量のお菓子を適切な時間に食べるようにシフトしていければいいのです

 次ページ以降で、子どもの「お菓子問題」を解決するための具体的な3つのステップを紹介します。

次ページから読める内容

  • 「これで終わり」という限度を知ってもらう
  • 「急がば回れ」段階を踏んで減らしていく
  • 「親子で楽しむ時間」をつくる

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2322本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る