芸術の秋。運動会や遠足の様子を絵に描いたり、工作などのさまざまな制作物を作ったりする機会が増えているかもしれません。子どもはお絵描きや工作などの遊びをしながら、未来を生き抜くのに役立つ創造力や発想力を培うといわれます。親はその力をどう伸ばしてあげればいいでしょう。今回はお絵描きにまつわる疑問や、子どもの力を伸ばす声がけの方法について聞きました。

【年齢別記事 保育園のママ・パパ向け】
(1) 共働きっ子も通いやすいピアノ教室の選び方
(2) ピアノの練習したくない…親子のストレス減らすコツ5つ
(3) 子どもの絵を理解したい!個性を伸ばす言葉・NGな言葉 ←今回はココ
(4) 工作で子の創造力育む 親はどうサポート?保管の悩みは
(5) ウィズコロナ時代「小1の壁」に変化?放課後の過ごし方
(6) 在宅勤務は子と「共存」できる? 低学年親の14の工夫

「汚す」ことから表現が始まる

 わが子が描く絵を見てほほ笑ましい気持ちになる一方、何が描いてあるのかよく分からない、一体どう褒めればいいの……? とモヤモヤした気持ちを抱いた経験はないでしょうか。特に、親自身がアートに苦手意識を持っている場合、上手に描けている子とつい比べてしまったり「うちの子はこのままで大丈夫なのか」と心配になったりするかもしれません。

 そもそも、子どもにとって「お絵描き」とはどのような意味を持つのでしょうか。そして、子どものお絵描きへの興味や個性を伸ばして自信につなげるために、親はどんな関わり方をすればよいのでしょう。以下の4つのお悩みについて、「芸術による教育の会」取締役GMの屋嘉部正人さんに聞いていきます。

子どもの絵にまつわるお悩み、ここが知りたい!

1、子どもの絵がぐちゃぐちゃ…何を描いている?
2、子が描いた絵、どう褒めたらいいか分からない
3、子が親にばかり描かせる。意味はある?
4、道具を渡してもあまり描かない子…絵が嫌いなの?

子どもの絵を理解するヒントや、可能性を伸ばす声がけの方法を、次のページから紹介!
子どもの絵を理解するヒントや、可能性を伸ばす声がけの方法を、次のページから紹介!

次ページから読める内容

  • 発達のスピードよりも大切なことがある
  • 親の声がけ「NGワード」とは?
  • 惜しみなく使える紙を常備しよう
  • 子どもの絵の出来をほかの子と比べるのはNG

続きは、日経DUAL有料会員の方がご覧いただけます

有料会員限定記事(2129本)が読める
ログインはこちら
有料会員登録すると以下のサービスを利用できます。
  • 有料会員限定記事
    子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり!毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。
  • おでかけサポートメール
    平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を!直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。
  • 共働き応援クーポン
    生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット!嬉しい優待サービスをご案内します。
  • 「教えて!両立の知恵」
    妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが約300本読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。
  • ラクラク保育園検索
    保育園の細かな施設情報がキーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦の「保活必勝ツール」です。
  • あなたの街の保育園事情分析
    入園決定率、認可整備率、園庭保有率など、自治体ごとの保育園事情を深掘り!保活に役立つ情報が満載です。
  • 日経DUALラウンジ
    有料会員限定のオンライン会議室です。質の高いクローズドなコミュニティで情報交換ができます。
  • イベント招待/先行受付
    専門分野の名物講師によるプレミアムセミナーにご招待したり、優先的にご案内したりします。
もっと見る